SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10443件 (2018/11/19現在)

Anchor Text

アンカーテキスト

この記事をはてなブックマークに追加

アンカーテキストとは?

アンカーテキストは初心者の方には聞き慣れない用語かもしれません。ですが、SEO対策をする上でとても重要なものなので、是非しっかりと理解しておく事をおすすめします。

アンカーテキストとはリンク元となっているテキストのことです。例えば「名古屋 美容室」といったリンク情報は、htmlソース上では<a href="http://example.jp">名古屋 美容室</a>となります。この中の「"http://example.jp"」がリンク先で、「名古屋 美容室」という文字がアンカーテキストです。

SEO Packでは「SEOキーワード」のお悩み相談を無料で受付中です!

キーワード相談のお申込みはこちら

アンカーテキストとSEO対策

SEO対策の面で重要なのは「リンク先のページの内容」と「アンカーテキストの内容」をしっかりと合わせるということです。さらに、もう少し正確に言えば、アンカーテキストの中にはリンク先のページのキーワードを必ず含めるようにする、ということです。

検索エンジンは、ページの内容がどんなものなのかを判断するために様々な情報を用いますが、アンカーテキストはその中でも重要なものの一つです。リンク元のアンカーテキストが「名古屋 美容室」となっていれば、検索エンジンは「このページは名古屋や美容室に関するページなんだな」と判断し、「名古屋 美容室」と検索した時に上位に表示されるようにします。

例えばもしここで、深く考えずに「こちら必見!」とか「おすすめリンク」などというアンカーテキストを設定してしまったとします。一見すると、クリックしてもらえそうで良いと思うかもしれません。しかしこれでは、検索エンジンはリンク先のページが「名古屋 美容室」に関連の深いページであることを判断できません。リンク先のページを「名古屋 美容室」で検索された時に上位表示させたいのであれば、アンカーテキストには「名古屋」や「美容室」を必ず含めることが必須です。

アンカーテキストはあくまで自然に

「アンカーテキストにはリンク先の対策キーワードを含める」これが鉄則です。しかし、キーワードが入ってさえいれば何でも良いかというと、そういうことでもありません。

考えてみて欲しいのですが、普段ウェブページを見ていて「名古屋 美容室」のようなシンプルで唐突なリンクテキストを見かける事は、あまり無いと思います。「名古屋でおすすめの美容室はこちら」「美容室を名古屋でお探しなら」といったように、ウェブサイト上の文言として、人が読んで自然に感じられるものこそが、本来のアンカーテキストです。

なので、外部リンク・内部リンクに関わらず、アンカーテキストは「キーワードを含めた上で、自然な文言にする」という事を考えて設定してください。

SEO Packは「アンカーテキスト分散」が可能

SEO Packは格安で外部リンクとSEOツールを提供するサービスですが、外部リンクに関しては「アンカーテキスト分散」を設定することが可能です。

SEO Packで、より自然なリンク構築を目指しませんか?

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,384

(38,304円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定

わずか数分でSEO順位上昇対策開始!まずは適用キャンペーンの内容を確認!

迷ったらチャットメールで質問!

Pagetop