SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

Co-occurrence

共起語

この記事では「共起語」について言葉の意味やSEOでの活用方法など解説します。

共起語とは?

共起語とは、任意のキーワードと共に使用されるキーワードの事を指します。

「関連ワード」とは少し違った意味を持つ「共起語」ですが、関連ワードはその名の通り、テーマに関連するキーワードのことを指します。一方、共起語とは、特定のワードと共に一緒に使われることの多いキーワードのことで、関連ワードとは少し意味が異なります。

共起(きょうき)は、ある単語がある文章(または文)中に出たとき、その文章(文)中に別の限られた単語が頻繁に出現すること。

SEO対策を実施していると、コンテンツ対策の一環として文章を作成する機会もありますが、対策キーワードと共に使用されている共起語を取り入れたコンテンツ内容にするとSEO対策に有効な場合があります。
それでは共起語を使ってコンテンツを作成するとSEOにどう影響するのか、確認していきます。

Googleは記事中の文章をどう解釈しているのか?

Googleの検索エンジンは、ページの内容を読み取るために、クローラーがリンクなどを辿ってページをクロールしていきます。
クロールする際、人間ではなくロボットのクローラーは、文章によっては内容を正しく理解することができない場合があります。

昔は、そういったページの内容を把握するためのひとつとして「キーワード出現率」が重要だったのかもしれません。しかし、現在ではキーワードを詰め込んだページは検索結果には表示されなくなりました。

現在のGoogleは、検索エンジンの精度を大幅に改善して、ページの内容・意味をより深く読み取ることができるようになったと言えます。

共起語の例

共起語の簡単な例で「マック」について記事を書くとします。
人間が見ると、どの「マック」についてのコンテンツなのかすぐ理解することができますが、Googleは内容を読み取って判断することになります。

例えば「マクドナルド」についての記事だと、以下のようなキーワードが共起語となります。

  • メニュー
  • クーポン
  • 店舗

また、「Macintosh」の場合だと次のワードが共起語です。

  • インストール
  • Apple
  • OSX

上記のように意識しなくても共起語を使用してコンテンツを作ると思いますが、こういった共起語を使うことによって、クローラーに検索クエリに対してより関連性の高いコンテンツだということを伝えることができるようになります。

それでは早速、「ゴールデンウィーク」というキーワードの共起語を使って文章を作成してみます。共起語は次のキーワードです。

  • 2019年
  • 穴場スポット
  • 10連休
  • 写真

共起語を利用した「ゴールデンウィーク」についての記事は以下となります。

共起語を取り入れた「ゴールデンウィーク」文章作成例

2019年のゴールデンウィークはなんと10連休!まだ予定を決めていない方、 今すぐ行ける穴場スポットをご紹介します! 「行ったことある!」ユーザーの写真投稿も必見です!

共起語を取り入れて組み立てると、簡単に文章の骨子が出来上がりました。

最後に文章にエッセンスを加える

SEO効果も期待できる文章が簡単に完成しましたが、それだけではオリジナリティが足りない場合があります。

更に効果的な文章にするには、仕上げに独自性の高いオリジナル情報を少し加えてみましょう。

以上を実践する事で簡単にSEOコンテンツが完成します。文章作成が苦手と感じてた方、是非試してみてください。

共起語はSEO的にどうなの?

SEOでは「検索意図に合った情報があるかどうか」という点が重要視されますが、上位サイトから抽出する共起語を用いたコンテンツを作成する事で評価されるコンテンツの流れを汲んだ文章作成が可能となり、SEO効果が期待できると考えられます。

しかし詰め込み過ぎには注意が必要です。文章の意味は通じていますか?作為的な文章は逆効果となる可能性も。共起語を取り入れる際には、少しづつ追加しながら文章を組み立てていきましょう。

Googleは共起語だけで、何のテーマについての記事なのかを理解しているのかもしれません。 検索結果に検索キーワードが入っていないページが上位表示されている時がありますが、それはこのような要因が関係していると考えられます。

共起語の見つけ方

共起語は、ツールを利用し見つけると便利です。共起語を見つける無料ツールなどいくつかインターネット上で検索すると発見できますが、SEO PackのSEOツール「seodoor」でもコンテンツ分析機能を利用すると、共起語の調査が可能です。

コンテンツ分析機能の共起語結果

共起語の使い方

共起語は、それを元にコンテンツを追加して記事を作り、クローラーに関連性と質の高いコンテンツだということを正しく認識させるためのものです。

また、この共起語は使用頻度が高ければ良いというものではなく、ユーザビリティを考慮した上でキーワードを追加するなどしてコンテンツを用意しましょう。

そして、共起語を調べる方法に関しては、キーワードを調べるツールなども公開されていますが、検索クエリに対してユーザーが知りたがっているもの、解決したい悩みなどは何なのか?をよく考えて共起語を探し、独自のコンテンツにすることが大切です。

ユーザーの検索クエリに隠れたニーズを解決することによって、直帰率・離脱率の改善にも繋がり、さらに共起するキーワードに関するページを別で用意して内部リンクすることによって、ユーザーがそちらの記事にも興味を持ち、ページ遷移することで滞在時間にも良い影響を与えます。

共起語を使ったSEO対策についてまとめ

現在、SEO対策の大前提はコンテンツです。 検索クエリに対して、関連性と質が高いコンテンツを作るためには共起語などに関するコンテンツが必要です。競合との差別化を計るためにも、コンテンツには充分時間をかけてユーザーの満足できるものにしましょう。

その上で、外部対策と並行して内部対策を行うことによって上位表示が期待できます。ぜひ、共起語だけでコンテンツを作ることを意識するのではなく、リライトする際のヒントにしてみてはいかがでしょうか?

変動に強いSEO対策を SEO Pack
キーワード難易度チェックツール

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツールが7日間体験可能!高機能なSEOツールを体験ください。

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されておりますのでご確認ください。

SEO Packご契約者様
SEO対策FAQ

Pagetop