SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10440件 (2018/11/16現在)

Keyword Density

キーワード出現率

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、SEOでキーワード出現率をどう考えるべきか、説明します。

キーワード出現率とは?

キーワード出現率とは、ページ内のテキスト文章に記載されている全てのワードの中で、SEO対策ワードがどれくらいの割合を占めているのか示したものです。
多くのサイトは、上位化したいキーワードをテーマにページを作成するため、SEOキーワードがページ内のテキスト文章内で最も高い出現率になります。

キーワード出現率とSEO

かつて、内部対策では”ある一定のパーセンテージになるように「キーワード出現率」を調整すること”が、ページを上位表示させるための基本とされていました。しかし、現在では、そのようにキーワード出現率を調整したとしても、ほとんど効果が無いと言われています。

むしろ、キーワード出現率を意識しすぎると、文脈が崩れてしまうなどして、却ってページの評価を落とすことに繋がりかねません。特に、キーワード出現率を高めようとして、SEO対策キーワードを無理に詰め込んでしまうと、Googleから不自然だと見なされて、ペナルティを受けることがあります。

SEOを始めたばかりのウェブマスターは、SEO対策キーワードを多く含んだほうが良いと信じ、不自然に多く使用してしまいがちなので、「キーワードの詰め込み」でペナルティを受けないように注意したほうがいいでしょう。

キーワード出現率のチェックツール

前述のように、無理にキーワード出現率を高めるのはよくありませんが、「キーワードを全く使用しない」「他のキーワードの出現率が高い」などの場合、検索エンジンがそのページのテーマ(=SEOキーワード)を、正しく評価できない場合があります。

不自然に出現率が偏っていないかなどは、無料のSEOツールなどで簡単にチェックすることができます。

ディーボでも無料SEOツール集にて公開しておりますので、テキストを追加したときなどにチェックしてみてください。
ohotuku.jp -キーワード出現率チェック-

キーワード出現率の最適化

現在、「適切なキーワード出現率」というのは存在しません。そのため「キーワード出現率を●%にしよう!」など、キーワード出現率をあまり意識するようにしても意味がありません。ですので、ページのテキストは”自然に書く”ことが大事になります。

検索エンジンは「検索ユーザーに役に立つサイトやページ」を高く評価します。ですので、検索ユーザーに内容が分かりやすいように、テキストには伝えたいことを整然と書いていきましょう。その上で、SEO対策キーワードは必要に応じて記述されていれば、それで十分だと言えます。

キーワードを不自然に詰め込むことは「キーワードスタッフィング」と呼ばれていますが、Googleからは”スパム行為”に当たるとして、ペナルティの対象にされています。
ですから、もし、あなたがウェブマスターで、キーワード出現率をページに詰め込むことことによってサイトの順位上昇を目指そうと考えているのならば、SEO効果とペナルティリスクが見合わないですから、止めておいたほうがいいでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,384

(38,304円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定

わずか数分でSEO順位上昇対策開始!まずは適用キャンペーンの内容を確認!

迷ったらチャットメールで質問!

Pagetop