SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

HTTPS

HTTPS エイチ・ティー・ティー・ピー・エス

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、SEOにおけるHTTPSへの移行について、説明していきます。

HTTPSとは?

HTTPS(Hyper Text Transfer Secure)とは、ウェブ上のデータ通信の手順である「HTTP」に”通信の暗号化”を施すことで、セキュリティ面をより強化したものです。
私たちは日常的に、パソコンやスマートフォンなどの端末を用いて、インターネット上で様々な情報をやり取りしていますが、その際、ユーザーは特に意識することなく、ほぼ全てのウェブページにおいて同じ要領で情報を扱うことができます。

これは、サーバーとクライアント(ブラウザ)の間で”情報の通信手順”が決められているからです。ウェブの場合だと「HTTP」が通信手順として用いられています。つまり、私たちはHTTPがあることによって、インターネットで自由に情報をやりとりすることが出来るのです。
しかし、このHTTPにはセキュリティ面で脆弱なところもあり、データの盗難や漏洩などのアクシデントが発生することがあります。そのため、近年のインターネットの潮流として”より安全な通信手順”が求められるようになりました。

そこで用いられるようになったのが「HTTPS」になります。
「HTTPS」ではHTTPで通信するデータを、さらにTLS(SSL)という通信手順によって暗号化するので、アクシデントが発生する可能性が低くなっています。その為、Googleなどの検索エンジンも、ウェブマスターにHTTPSへの移行を推奨してきました。

そして、2014年8月8日には、ついに”HTTPSをランキングの評価基準にする”ことをGoogleが発表しました。これにより、ウェブマスターとって、HTTPSへ移行するメリットは大きくなったといえます。
現在のところ、HTTPSへ移行しても”ランキングに与える影響は小さい”と言われていますが、今後、その影響力は大きくなっていくことが予想されます。ですから、ウェブマスターはHTTPSについて、今からしっかりと理解しておくことが必要でしょう。

HTTPSに、すぐにでも移行するべきか?

HTTPSへの移行は、SEO的なメリットを得られるだけでなく、ユーザーにサイトの安全性を証明することにも繋がります。具体的には以下の三点において、サイトが保護されるようになります。

  • 1.第三者によって、通信中のデータやユーザーの操作などを盗聴されることを防ぐ
  • 2.第三者によって、通信中のデータが破壊・改竄されることを防ぐ
  • 3.通信相手がお互いに本人であることを証明し、なりすましを防ぐ

このようにHTTPSは、ユーザーとウェブマスターの両方にメリットがあるものですから、ウェブマスターは準備が整い次第、移行を始めてもいいと思います。HTTPSへの移行方法については、ウェブマスターツールヘルプ上のガイドラインに詳しく書かれているの、そちらを参照するといいでしょう。

ただし、HTTPSへの移行には複雑な手順を踏むため、仕組みをよく理解できていないうちに実施しようとすると、失敗してしまう場合があります。今のところ、HTTPSのSEO的なメリットも大きくありませんから、とり急いで移行する必要もないと思います。
あくまで、しっかりと準備した上で、移行していけば良いでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,384

(38,304円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定
SEO Packお申込はこちら

Pagetop