SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10431件 (2018/11/13現在)

Internal link

内部リンク

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、順位上昇(SEO)のために内部リンクをうまく利用する方法について、説明します。

内部リンクとは

内部リンクとは、サイト(ドメイン)内のページ間で設定している被リンクのことを言います。
下記図の矢印を内部リンクと言います。

例えば、
TOPページ⇔カテゴリページ(ファッション)のリンク
カテゴリページ(ファッション)⇔商品ページ(スカート)へのリンク
TOPページ←商品ページ(スカート)へのリンク
などを意味します。

内部リンクの手順
サイト内で、内部リンクの設定はいくつかあります。

●ヘッダー(グローバルナビゲーション)

内部リンクの手順2

全てのサイトでグローバルナビゲーションが設定されています。
グローバルナビゲーションでは、サイトの主要ページへのリンクを設定します。

●フッター

内部リンクの手順3

ページの一番下にあるリンクです。
サイトの主要ページへのリンクを設定します。



●記事内

記事内に設定されたリンクです。
前後に記述されている文章と関連した内容へのリンクが設定されていることが多いです。

内部リンクの手順4


●パンくずリスト

内部リンクの手順5

ページの最上部や大見出しの下に配置されていて「TOP > 店舗一覧 > 新宿店」といったように上位カテゴリ順にリンクが並べられます。 パンくずリストとは



●サイトマップ

内部リンクの手順6

上記のように主要ページへのサイトマップを設定します。

変動に強いSEO対策を SEO Pack

内部リンクを設定するべき理由

内部リンクを設定する理由は、2つあります。

1.利便性を向上させる
2.Googleがクロールしやすくする

内部リンクの目的1:利便性を向上させる

内部リンクが設定されていることにより、ユーザーは、自分で探すことなく、次にほしい情報にたどりつくことができます。

たとえば、下記のような記述があったとき

あなたの決めたワードの難易度が高すぎないかを確かめるためには、一度キーワード難易度チェックツールを使ってみましょう。 キーワードを入力するだけでSEO難易度を確認できます。

「キーワード難易度チェックツール」を使いたいと感じるユーザーが多いと思います。 ユーザーが記事を読んでスムーズに次にそのツールを使えるようにするには、「キーワード難易度チェックツール」欄にリンク設定していると便利ですよね。

あなたの決めたワードの難易度が高すぎないかを確かめるためには、一度キーワード難易度チェックツールを使ってみましょう。 キーワードを入力するだけでSEO難易度を確認できます。

また、グローバルナビゲーションなどもユーザーが迷わず、目的のページにたどり着く手助けとなります。
ユーザーがどんな目的でサイトに来訪しているのかを考え、導線(内部リンク)を整えることで、ユーザーの利便性が向上します。

内部リンクの目的2:Googleがクロールしやすくする

Googleなどの検索エンジンクローラーは、リンク(外部リンク、内部リンク)を辿りながら、各ページをインデックスしていきます。
検索エンジンクローラーは、外部リンクを辿り、サイトへ来訪します。
その後、より効率的にサイト内をインデックスさせるには、内部リンクを整える必要があります。

上記にいくつかご案内した内部リンクの種類をすべて設定することにより、サイト構造がしっかりしますので、検索エンジンクローラーがサイト内容を把握しやすくなります。

●SEOを考慮した内部リンクの設定方法

SEO対策では、他サイトからの被リンク設定する外部リンクが非常に重要であることはみなさんご存じだとともいます。
内部リンクも重要度が高まっています。内部リンクはいくつかの種類がありますが、一番SEO対策で重視されるのは、テキスト内(本文中)に設定された内部リンクです。
テキスト内に内部リンクを設定する際には、外部リンクと同様にアンカーテキストに注意して設定する必要があります。

アンカーテキストには、リンクをクリックして表示されるページの概要をまとめてわかりやすく記述する必要があります。

変動に強いSEO対策を SEO Pack
この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

お済みですか?SEO対策の「基礎固め」

月額固定7,980円で人気、SEO Packはこちら

SEOパック - 月額固定7,980円のSEO対策パッケージ

Pagetop