SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10443件 (2018/11/19現在)

Rich Snippets

リッチスニペット

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、リッチスニペットとSEOの関わりについて説明します。

リッチスニペットとは

リッチスニペットとは、GoogleなどWeb検索エンジンの検索結果ページに、各サイトの情報の一部を、より多様に表示させる機能のことです。といってもよくわからないかもしれませんので、もう少し説明します。

スニペット Snippets とは、日本語で「断片」もしくは「情報の断片」を意味する英語です。Googleでは、各サイトの情報の断片(スニペット)、たとえばサイトの概要説明などを検索結果に表示してユーザビリティを向上させています。
しかし、Googleが2009年に導入したこのリッチスニペット機能により、検索結果ページには、下記のような情報も表示されるようになりました。

  • サイト掲載製品の価格帯
  • ユーザーレビュー(評価)
  • 拠点所在地などの地図

この機能導入により、以前よりもずっと豊か(リッチ)なサイト情報の断片(スニペット)が表示されるようになりました。これがリッチスニペットです。

リッチスニペットと構造化データ

Googleは、このリッチスニペットを、各サイトのデータの中から取得した構造化データを使って表示しています。したがって、自社サイトの情報にもリッチスニペットを表示したい場合は、自社サイト(Webページ)に、この構造化データと呼ばれる情報を追加する必要があります。構造化データの追加方法はGoogleサポート情報などWeb上でたくさん見つけることができます。

リッチスニペットとSEO

さて、企業のウェブマスターの究極のミッションは、売上を上げること。リッチスニペットとSEO/SEMのかかわりを考えるうえで、注意したい点が1つあります。
それは”適切なリッチスニペットを選ぶ”ことです。

たとえば、企業間取引を行っている企業のホームページに「レビュー」のリッチスニペットを表示させることは、あまり有益とは言えません。以前に比べリッチスニペットの種類は増えていますが、目的意識を持って何を表示させるかを選択することが重要なのです。

Webマーケティングと目的意識

いかがでしょうか。この記事でフォーカスしたかったのは、目的意識を持ってWebマーケティングをすることの重要さです。リッチスニペットのような、柔軟で活用のきく新機能は、これまでも今後も続々登場し続けるでしょう。

しかし、すべてのビジネスの基本は「何をどう売るか」のビジョンです。それが万全なものであればあるほど、こうした新機能の活用は、大きな効果を発揮するでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,384

(38,304円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定

わずか数分でSEO順位上昇対策開始!まずは適用キャンペーンの内容を確認!

迷ったらチャットメールで質問!

Pagetop