SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績12231件 (2024/06/16現在)

Stealth marketing regulation

ステマ規制

この記事では、ステマ規制導入に伴いSEO担当者はどのように気をつけるべきか説明します。

「ステマ規制」が2023年10月1日より導入

ステルスマーケティングの略であるステマは、度々ニュースに取り上げられ社会的に消費者を欺く行為として認識されていますが、ステマ規制というのはどういうものかというと、 「一般消費者が事業者の表示であることを判別することが困難である表示」を禁止するといった内容です。

上記をわかりやすく言うと、サイトを閲覧しているユーザーが、コンテンツを見たときに広告(プロモーション、PR)であるという事がわかるように明示されていなければ、不当表示とされ景品表示法の規制の対象となるといった内容となります。

ステマ規制が導入された背景

上述したとおり、近年、インターネット上の情報の信頼性が問題となっています。
特に、消費者が購入意欲を持つ商品やサービスに関する情報が、広告としての側面を持つことが増えてきており、消費者を誤解させる可能性があります。

ステマは、広告主や企業が商品やサービスの宣伝を目的として、一般の消費者やインフルエンサーに報酬を提供し、 その報酬の存在を公表せずに宣伝活動を行うものを指します。
これにより、消費者は広告であると認識せず、真実の情報として受け取ってしまう恐れがあります。

このような背景から、消費者の保護を目的として、ステマに関する規制が導入されることとなりました。 この規制は、広告としての情報を公正に伝えることを求め、 消費者が誤解することなく、正確な情報を得ることができるようにすることを目的としています。

ステマ規制に違反した場合の罰則は?

ステマ規制に違反すると、どのような罰則が科されるのでしょうか。
消費者庁が情報提供などをもとに景品表示法に違反していないか調査をし判断するようですが、違反と判断されると、 消費者庁から再発防止を求める措置命令が出されます。
もし従わなければ2年以下の懲役または300万円以下の罰金または併科となります。
場合によっては広告を依頼した事業者名が公表される可能性があるようなので注意しましょう。

\無料診断の活用で課題を明確に/

外部リンク、内部状況、コンテンツ状況からSEO対策の課題が見えてくる無料調査です。
「対策ページの弱点は何か...」などお悩みをお持ちの方は、一度「SEOパーソナル診断」をご利用ください。

ステマ規制の導入により私たちが気をつけたい事

今回のステマ規制で対象となるのはインターネット上で閲覧できる全てのコンテンツとなります。
何十年も前に公開した忘れかけていた記事であっても規制の対象となるので注意が必要です。

また、規制の対象者は、「広告主(広告を依頼した事業者)」となり、投稿者(宣伝者)は処分の対象外となります。

「ステマ規制」の導入により今まで以上に私たちが気をつけたい事は商品やサービスを宣伝する際には「広告だ」という事が消費者にわかるようにする事です。
第三者が投稿しているかのような投稿や、第三者に投稿を依頼する場合などに注意が必要です。

アフィリエイト広告やインフルエンサー施策を実施している事業者は、法規制を遵守しながら健全な宣伝活動を行う事が今まで以上に求められます。

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

必要な対策を必要な分だけ。SEO Packは余計なメニューが無いから高品質なSEO対策を低価格でご提供しています。

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月 6ヶ月10%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月7,980

(23,940円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月7,182

(43,092円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定

わずか数分でSEO順位上昇対策開始!

迷ったらチャットメールで解決!
キーワード難易度チェックツール

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツールが7日間体験可能!高機能なSEOツールを体験ください。

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されておりますのでご確認ください。

SEO対策FAQ

Pagetop