SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績12211件 (2024/04/14現在)

SEO FAQ

SEO対策 よくある質問

Yahoo!の順位と、Googleの順位が違うのはなぜですか?

Yahoo!は、検索結果にGoogleの検索結果を利用していますが、
そこにYahoo!独自のコンテンツなども反映させています。
そのため、検索結果(SEO部分)に大きな違いは出にくいですが、「Yahoo!独自のもの」によって、検索結果ページの表示の見た目が異なります。

Yahoo!の検索アルゴリズムは、Googleのものを使用しています

2010年7月27日にGoogleは、Yahoo! JAPANに検索技術をライセンス提供することを発表しました。
(参考 Yahoo! JAPAN のより良い検索と広告サービスのために

過去のYahoo! JAPANは独自のアルゴリズムを使用していましたが、現在は自然検索部分にGoogleの検索結果が表示されます。今後は基本的に、Googleの検索エンジン対策を実施すれば、Yahoo!の対策も行えます。

しかし、Googleとのサービス提供契約の満了日は「2025年3月末」という事で、2023年7月ヤフーが検索エンジン技術をBingなど他社に乗り換えを検討し、技術テストを開始したという情報も確認できます。

現状は、SEO対策をするならGoogleの検索エンジンベースで対策を進めるとYahoo!にも対応できますが、2025年3月末以降は状況が変化する可能性がある事も視野に入れSEO対策を進めていきたいところです。

日本におけるyahoo!検索エンジンのシェアは?

2024年2月時点で、日本におけるYahoo!の検索エンジンのシェアは「約12.86%」と報告されています。なお、下のグラフを見てわかる通りGoogleが日本の検索エンジン市場で圧倒的なシェアを持っています。

検索エンジンシェア2024年2月

参照:gs.statcounter.com

Yahoo!JAPANのアクティブユーザー数と利用者の属性

検索サービス「Yahoo!検索」は、「ウェブ検索」「画像検索」「動画検索」「リアルタイム検索」などから検索できるサービスですが、 2023 年 3 月時点では、日本のインターネット利用者数1億人に対し、Yahoo! JAPANの月間アクティブユーザー数は約8500万人です。インターネット利用者の約8割がYahoo!JAPANを利用している事になります。

また、アクティブユーザーを20代に限定すると、日本の20代のインターネット利用者数「約1200万人」に対し、Yahoo! JAPANの20代の月間アクティブユーザー数は「約1100万人」となり、約9割がYahoo! JAPANを日常的に利用しているというのです。この数字には驚きました。

ユーザーの男女比は女性49%、男性51%となり、半々の比率です。年代別で見ると、50-64歳の年代が最も多く「26%」、次いで40-49歳の年代が「20%」となっています。

Yahoo!の利用者はGoogle利用者と比較すると、BtoCの利用が多く、GoogleはBtoBの利用が多いと言われています。

参照:2023 年 3 月のYahoo! JAPAN媒体資料

なお、ブラウザの[Google Chrome]の拡張機能に「Yahoo! JAPANに簡単アクセス」という拡張機能があるようです。通常[Google Chrome]ブラウザを利用し、Google検索を利用しているというユーザーも、拡張機能によりYahoo!に簡単にアクセスできると利用頻度が上がるかもしれませんね。

Yahoo!JAPANの検索エンジンの歩み

1996年:
Yahoo! JAPANが設立され、国内初の商用検索サイトとして開始。
1998年:
Yahoo! JAPANは、自動的にWebページを収集できるロボット型検索エンジン「goo」を採用。
2001年:
検索エンジンをGoogleに変更
2004年:
Yahoo! JAPANは、Yahoo! Inc.が開発したロボット型検索エンジン「YST」の検索結果を表示。
2010年:
Yahoo! Inc.がYSTの開発を中止しMicrosoftのBingを採用。しかし、日本国内においてはYahooの検索エンジンにはGoogleを採用。

1996年にYahoo! JAPANが開始した商用検索サイトはディレクトリ型で開始しています。ディレクトリ型というのは人によりサイトを登録・分類する事で構築された検索システムの事ですが、Yahoo! JAPANでも1件1件人の手でデータベースに分類し登録していました。
また、この頃のSEO対策はヤフーディレクトリに登録申請を出す事は、検索エンジン上位表示を目指す上で必須の対応となっていました。

また、2000年にGoogleが日本に上陸しますが、Yahoo! JAPANは2001年に一度、検索エンジンにGoogleを採用しています。

Yahoo!とGoogle、どちらの検索順位を気にしたらいいですか?

SEO対策をするのがはじめての場合は、ひとまずGoogleの検索順位を確認しながらSEO対策をすることをおすすめします。

なぜGoogleの検索順位を確認した方が良いのかという疑問に対しての理由として、SEOは「検索エンジン最適化」のことですが、現在のYahoo! JAPANの「検索エンジン」は「Googleの検索アルゴリズム」を採用しているからです。

したがって、Googleの検索結果で検索順位を確認する事で、Yahoo! JAPANで確認する検索順位と類似した順位を確認する事ができます。

でも、Yahoo!とGoogleの検索結果って結構違ってませんか?

Yahoo! JAPANは、自然検索部分(ウェブ・画像・動画)にGoogleの検索技術(検索エンジン)を利用しています。

両者、検索エンジンの基本は共通ですが、それぞれどのように「検索ユーザーの役に立つ検索結果を提供するか?」がことなるため、検索結果が同一であることはほとんどありません。

例えば、Yahoo!の検索結果はYahoo!で提供する独自のサービスが優先され検索結果の間などに表示されます。

Yahoo!サービス例
  • ヤフオク!
  • Yahoo!ショッピング
  • Yahoo!知恵袋
  • Yahoo!ニュース
  • Yahoo!天気

検索結果に表示される「Yahoo!のサービス」には、ヤフオク!やYahoo!ショッピング、Yahoo!知恵袋、Yahoo!ニュース、Yahoo!天気などがあります。また、LINE株式会社と提携して、NAVER まとめの検索結果なども独立したコンテンツとして、Yahoo!の検索結果内に表示される場合もあります。

また、Googleはパーソナライズド検索やプライベート検索など、検索ユーザー個人にあわせて検索結果が大きく変化します。Yahoo!も多少変化しますが、Googleに比べると些細な変化です(1つのリンクしか変化しません)。

実際に、色々なキーワードで検索してみて比べてみると分かりやすいかと思います。

\無料診断の活用で課題を明確に/

外部リンク、内部状況、コンテンツ状況からSEO対策の課題が見えてくる無料調査です。
「対策ページの弱点は何か...」などお悩みをお持ちの方は、一度「SEOパーソナル診断」をご利用ください。

Yahoo!とGoogleのSEO対策は何をすると良いですか?

SEO対策を進めるにあたり、Yahoo!で対策したい場合でも、Googleの検索順位を確認すると良い事は上述しましたが、Yahoo!のSEO対策方法も通常Googleを意識した対策をされている方法と同様です。言い換えれば、Googleの検索エンジンに対しSEO対策をする事はYahoo!の検索エンジンにも対策する事と同じという事です。

2024年の現時点では、Yahoo!検索エンジン向けに特別対策するSEO対策というのはありません。

SEOに重要な点は、webサイトの内部対策とコンテンツ対策と、外部対策の3点です。
特にコンテンツ対策は、検索ユーザーの欲しい情報(ユーザーニーズ)を満たすコンテンツづくりが欠かせません。検索ユーザーの欲しい情報というのは、検索ユーザーが実際に検索するキーワードである「検索クエリ」から推測する事ができるので、ユーザーニーズを逃さないwebサイトづくりを進めていくと良いでしょう。

例えば、検索クエリが「文章作成のコツ」だとしたら、検索ユーザーは「文章を作成するコツを知りたい」と考え検索している可能性が高く、DO/KNOW/GO/BUYという検索意図の分類でいうと「KNOWクエリ」に該当します。
その時に「文章作成のコツ」で対策するページの内容が、「文章作成依頼の申込を促す内容」だとしたら、検索ユーザーのニーズとは合致していないページとなり、検索ユーザーは他の情報を求めページから離脱、または訪問する事すらしないでしょう。このような事態に陥ると、SEOでは評価されにくくなり、上位表示が困難となります。

ユーザーニーズを満たすコンテンツづくりからもわかるように、SEO対策は検索ユーザーが使いやすく、また、情報を見つけやすく、そして信頼性のあるサイトづくりが重要です。その為、内部対策とコンテンツ対策、外部対策が重要になってきます。

Yahoo!ショッピングのSEO対策方法は?

Yahoo!の検索結果ではなく、「yahoo!ショッピング」内のSEO対策を実施している方も少なくないと思います。

「yahoo!ショッピングSEO対策」という言葉があるだけに、皆さんyahoo!ショッピング内での上位表示をする為、情報収集やページの改善を施していると思いますが、「yahoo!ショッピングSEO対策」は自然検索のYahoo!検索結果においてのSEOの手法が違ってきます。

yahoo!ショッピング内での上位表示の方法は、Yahoo商品ページのSEOが評価ポイントの一つとなります。商品名や商品情報、キャッチコピーなどに対策キーワードを含めるようページを改善していく事が重要ですが、この点においては通常の自然検索においてのSEO対策とそれほど考え方に差が無い部分ですね。自然検索のSEOと同様にキーワードの過剰な詰め込み・羅列などは避け、商品を求めているユーザーの目にとまりやすいページづくりを心がけましょう。

その他、特定の条件を満たす必要がある「優良配送」やyahoo!ショッピングの広告サービス「PRオプション」の施策を実施する事でyahoo!ショッピング内での検索結果上位表示を目指す事ができます。

Yahoo!の順位と、Googleの順位が違う理由まとめ

Yahoo!とGoogleの検索エンジンは同じなのでSEO対策を実施する際はGoogleをチェックしましょう。ただし、両者共に検索結果に独自の要素が多く含まれるため検索結果が「全く同一」であることは少ない。

しかし、上述したとおり、Googleとのサービス提供契約の満了日は「2025年3月末」という事で、ヤフーが他社の検索エンジンに乗り換える可能性があります。

Yahoo!の検索エンジン対策は、現状Googleの対策ができていれば問題ないですが、今後変わる可能性も頭に入れておく必要があります。

この点を踏まえ、現在のGoogleのSEO対策とYahoo!のSEO対策は、内部対策とコンテンツ対策とリンクが重要となります。どの対策もできるSEO Packをご利用ください。

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

必要な対策を必要な分だけ。SEO Packは余計なメニューが無いから高品質なSEO対策を低価格でご提供しています。

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月定価の3000円OFF 6ヶ月定価の6000円OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,980

(20,940円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月6,980

(41,880円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定

わずか数分でSEO順位上昇対策開始!

迷ったらチャットメールで解決!
キーワード難易度チェックツール

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツールが7日間体験可能!高機能なSEOツールを体験ください。

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されておりますのでご確認ください。

SEO対策FAQ

Pagetop