キーワード出現率とSEO効果について

SEOならSEOパック
ご利用実績9068件 (2017/05/23現在)
2016年05月11日 2017年05月19日

キーワード出現率とSEO効果について

キーワード出現率を気にしてコンテンツを作っていますか?

ページを作る時には、1キーワードでコンテンツを制作します。
ここでいう1キーワードとは、1単語という意味ではなく、メインとなるキーワードから派生させた複合キーワードを含め、「ひとつ」という意味です。
最近では全く意味の異なるキーワードで対策することは難しいということです。

例/◎中古車 軽 ×中古車 新車

そこで、上位表示させるために質の高いコンテンツを作るわけですが、質の高いコンテンツとは一体何でしょうか?

これは色々な要素が考えられます。
その中でまず、文字数が多いことが考えられると思います。
確かに、文字数が多いことは質の高いコンテンツに繋がりますが、Googleがそのコンテンツを読んで、何について書かれた内容なのかを正しく伝える必要があります。

ここでキーワード出現率が重要となってきます。
ターゲットキーワードを1番多くする必要はありませんが、ひとつの目安としてコンテンツを作りましょう。

質の高いコンテンツは色々な条件があります。
今回はその中から、キーワード出現率とSEO効果についてご説明したいと思います。

内部対策についてはこちらの記事を参考にしてみてください。
SEO内部対策についてまとめ

質の高いコンテンツを考える

では先ほどの続きで、例えば5,000文字の記事コンテンツを用意したとします。
文字数は多い方ですが、このページのターゲットとするキーワード出現率が他の関係のない単語と同じだとしたらどうでしょうか?

ページタイトルや見出しタグなどにキーワードが入っていないと、何に関してのコンテンツなのかGoogleが認識しにくくなってしまう可能性があります。

ということで、質の高いコンテンツとはまず…

  • 文字数が多いこと
  • キーワードを明確にすること

が、大前提となります。
ただ、キーワードを明確にするからといって不自然にキーワードを詰め込んだ文章は逆効果です。

このキーワード出現率は、以前までは○○%くらいが良いなどと言われていましたが、現在はほぼ影響ありません。Googleがクロールして評価した結果が検索順位に反映されます。

キーワード出現率を参考にする理由

では、なぜキーワード出現率が重要なのかというと、自然な文章の中にどれくらいのキーワードを含んでいるのかを意識するためです。
また、キーワードを入れすぎていないか?といった参考にもなりますね。
キーワード出現率は検索順位を左右しないということです。

Googleから、コンテンツのテーマを正しく認識されないと、意図したキーワードで上位表示されない可能性も考えられるため、自然な文章で自ずとキーワードが入るようなコンテンツ作りが重要です。

あくまで目安としてキーワード出現率を参考にして、ターゲットキーワードはしっかりとページタイトルや見出しに入れて、Googleにコンテンツ内容を正しく伝えましょう。

キーワードの選び方については下記の記事も参考にしてみてください。

コンテンツを増やす時のキーワード選定について
コンテンツを増やす場合、どんな方法でキーワード選定をしていますか?例えば、検索結果のページ内に同じドメインのページがいくつか表示されていることがまれにあります。これはGoogleが、検索したキーワードでそのドメイン内のいくつかのページを同じように認識し...

質の高いコンテンツの注意点

その他、質の高いコンテンツの注意点としては、サーチコンソールのヘルプにもあるように、リンク切れやスペルミス、広告の量などによってもコンテンツの質が左右されます。
ページを移動した場合など、定期的に確認して質の高いコンテンツを保ちましょう。

キーワード出現率とSEO効果についてまとめ

キーワード出現率にSEO効果は期待できませんが、クローラーにページの内容を正しく伝えるための目安となり、間接的ではありますが確認しておきたい内部対策のひとつです。

キーワードに沿ったコンテンツを作ろうとした場合、自然とターゲットキーワードの出現率は多めになり、文字数も多めとなり、結果的に質の高いコンテンツとなることが理想です。

新たにコンテンツを作る際にはキーワード出現率を意識して、質の高いコンテンツ作りを心がけましょう。

追記

現在のSEO対策は文字数よりも検索クエリに対する相応しい答えが求められています。

文字数が多いコンテンツで上位を目指すためには内容にブレないように気を付ける必要があり、ひとつの説明に出てきた単語をさらに詳しく説明してしまうとテーマが薄まってしまい、その結果検索順位が落ちてしまうことも考えられます。

順位が落ちてしまった過去記事については、リライトを行い検索順位のチェックでその推移を確認することが重要です。

SEO内部対策 トップに戻る
コンテンツSEOの強い味方「ezorisu-seo」
順位が上がるページには必ず評価されるコンテンツがあります。
その評価されるコンテンツとは何か?本ツールが解析します!
上位表示を目指すキーワードを入力してください
ezorisu-seoについて
SEOツールseodoor(せおどあ)に無料版が登場しました