SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績12224件 (2024/05/30現在)

301redirect

301リダイレクト設定

この記事では、順位上昇(SEO)のために301redirectをうまく利用する方法について、説明します。

301リダイレクト設定とは

301リダイレクト設定とは、主にサイトやページの永久移転をする場合に使われるステータスコードです。301リダイレクトを設定すると、リダイレクト元のSEO情報を引き継ぐことができるので、用途としてはドメイン変更などする場合に使われます。

リダイレクト設定は、サーバー側で動作する「サーバーサイドリダイレクト」とブラウザ側で動作する「クライアントサイドリダイレクト」に大別できますが、SEO対策においてよく利用されるリダイレクトは「サーバーサイドリダイレクト」のHTTPリダイレクトです。「30」からはじまるHTTPリダイレクトには4種類ありますが、中でもSEO対策を進める上でよく利用されるのは下記の2種類となります。

  • 301リダイレクト設定:永久移転、リダイレクト元のSEO情報を引き継ぐ
  • 302リダイレクト設定:一時的な移転、リダイレクト元のSEO情報は引き継がない

301リダイレクト設定とSEO対策

今後使わないと思われるURLの場合は、SEO対策上301リダイレクト設定を行うことをお勧めします。
ただし301リダイレクト設定は、リダイレクト元のSEO情報の良い部分も悪い部分も引き継ぐと言われています。もしリダイレクト元のサイトがペナルティを受けたため新ドメインに移行する場合は、301リダイレクト設定してしまうとペナルティ情報も引き継がれるので注意が必要です。

どんな場合に301リダイレクト設定すると良いか

検索結果に表示されるページのURLを変更したい場合は、301リダイレクト設定を行うことをお勧めします。

  • 新しいサイトにドメインを移動した場合(リダイレクト元がペナルティになっていない)
  • 複数の異なるURLで同じコンテンツにアクセスできる場合(URLの正規化)

複数の異なるURLの例を挙げてみましょう。

例)http://seopack.jp
  http://www.seopack.jp
  http://seopack.jp/home

上記のように同じコンテンツに複数のURLでアクセスできる場合は、どれが優先すべきURLなのかをGoogleに知らせる必要があります。いくつか方法がありますが、最も良いのは301リダイレクト設定を行う方法です。

301リダイレクト設定の他、URLの正規化をする方法は、サーチコンソールを利用する、Canonicalタグを利用するなどの方法があります。

\無料診断の活用で課題を明確に/

外部リンク、内部状況、コンテンツ状況からSEO対策の課題が見えてくる無料調査です。
「対策ページの弱点は何か...」などお悩みをお持ちの方は、一度「SEOパーソナル診断」をご利用ください。

現在のリダイレクト状況を確認する

任意のURLのリダイレクト設定はどのようになっているか、ohotuku.jpのリダイレクトチェックツール(無料)を利用することで確認できます。

使い方は、確認したいURLを入力すると結果が表示されます。

301リダイレクト設定

http://www.seopack.jpのリダイレクト状況を確認したところ、https://seopack.jpに「301リダイレクト設定」されていることが確認できました。
もしここで302リダイレクト設定されている場合は、見なおしできないか検討することをお勧めます。

また、リダイレクト回数が非常に多い場合は、短縮できないか見直しすることをお勧めします。(稀にリダイレクト設定がループしている場合があります)

キーワード難易度チェックツール

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツールが7日間体験可能!高機能なSEOツールを体験ください。

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されておりますのでご確認ください。

SEO対策FAQ

Pagetop