SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10166件 (2018/07/22現在)

canonical

canonicalタグ

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、canonicalタグをSEOでどう活用するべきか、説明します。

canonicalタグとは?

canonicalタグとは、ページの正規化を行うためのHTMLタグの1つです。


1ドメイン内に、重複するコンテンツがある場合や、1つのページに複数URLでアクセスできる場合などに、Googleに最も重要視するページを知らせるために利用するタグ情報です。

SEO Packでは「SEOキーワード」のお悩み相談を無料で受付中です!

キーワード相談のお申込みはこちら

canonicalタグの書き方

HTMLソースの<head>~</head>タグ内に下記記述を入れます。

<link rel=”canonical” href=http://優先するURL/>

※http://優先するURLに、Googleに最も重要視するページURLを記述します。

ポイント1:記述するURLは、静的ページのURLを記述します。
ポイント2:記述するURLは、URLの分散を防ぐために、リンク(ページ内部リンク、外部リンク)で最も多く利用されているURLを記述します。

タグが必要な例

例1)重複するコンテンツが複数ある場合

同じテーマについて記述したページが複数ある場合、検索エンジンが誤って重複コンテンツと認識して検索結果に表示されなくなるのを防ぐために、検索エンジンに最も見てもらいたいページを指定します。

http://seopack.jp/site1
http://seopack.jp/site2

上記ページが同じテーマについて記述しており、site1のページを優先表示させたい場合
Site2のHTMLソースのheadタグ内に下記記述を行います。

<link rel=”canonical” href=http://seopack.jp/site1>

※canonicalタグで指定するよりもSEO(サイトの評価)の視点からいうと、優先させないページ(上記例の場合は、site2ページ)の内容を大幅に変更することをおすすめします。

 

例2)1つのページに複数のURLでアクセスできる場合

www有無、index.html有無、httpsの設定などで、同じ1つのページを表示するのにも複数のURLを持つことができます。Googleが誤認識しないためにも、canonicalタグでURLの正規化を行います。

http://seopack.jp
http://www.seopack.jp
http://seopack.jp/index.html
http://www.seopack.jp/index.html
https://seopack.jp
https://www.seopack.jp

HTMLソースに、最も優先すべきURLを指定します。

<link rel=”canonical” href=http://seopack.jp/>

上記で指定する「最も優先すべきURL」は下記方法で探ります。

  1. 内部リンクを確認する
  2. サイトの内部で指定のページへアクセスするURLが分散しないように確認を行います。
    サイトのTOPページへのリンクの場合は、会社ロゴ、HOMEボタン、ナビゲーション、ヘッダーなどに設定しているTOPページへのリンクが何になっているか(分散している場合は統一)を確認します


  3. 外部リンクを確認する
  4. 外部リンク(一般的に言う被リンク)がどのURLで設定されているか確認します。
    現在設定されている被リンクの一覧は、Google Search Consoleより取得できます。
    そこで最も多いリンクURLを確認します。

▼最も多く使われているリンクURLの確認方法

  1. Google Search Console にアクセスする
  2. 検索トラフィック-[サイトへのリンク]をクリックする
  3. [最も多くリンクされているコンテンツ」をクリックする
  4. 最も多く使われているリンクURLを確認します。

 

※canonicalタグで指定するよりもSEO(サイトの評価)の視点からいうと、下記の方法で優先するURLの指定を行うことをおすすめします。

おすすめ1)優先するURL以外には、301リダイレクト設定を行う

具体的な方法は、契約サーバー環境に依存しますので、サーバー会社へ問合せください。
※301リダイレクト設定は、永久移転を意味します。

おすすめ2)優先するURLをGoogleに知らせる

  1. Google Search Console のホームページで、該当するサイトをクリックします。
  2. 歯車のアイコン をクリックし、[サイトの設定] をクリックします。
  3. [使用するドメイン] で、希望のオプションを選択します。

canonicalタグ(属性)は、なるべく設定しよう

Googleは、サイトの構造も確認しています。

Googleが誤認識して重複ページと認識するケースは少なくなっていますが、URLの正規化を行うことをおすすめいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月10%OFF 6ヶ月10%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月7,182

(21,546円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月7,182

(43,092円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・被リンク10本設定
・SEOツール「seodoor」の各種機能(コンテンツ対策支援、順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
SEO Packお申込はこちら

Pagetop