SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10431件 (2018/11/13現在)

Low Quality

低品質なサイト

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、SEOで低品質なサイトをどう注意するべきか、説明します。

低品質なサイトとは?

デザインやコンテンツなどが粗雑で、ユーザーからの要求を満たしておらず、Googleからも評価されないサイトのことを「低品質なサイト」と言います。
Googleは、ユーザーに役立つ情報を提供することを目指して、ユーザーの要求を満たすような”良質なサイト”を検索結果の上位に表示するようにしてきました。そして、ユーザーの要求を満たさない「低品質なサイト」については、手動ペナルティを実施したり、検索アルゴリズムを改善したりすることで、積極的に排除しようとしてきました。

その結果、かつて主流だった、サイトを”質より量”で捉える「検索エンジン目線のSEO」は見直され、現在では”サイトの質”を大事にする「ユーザー目線のSEO」にシフトし始めています。
これを受けてウェブマスターは、どのようなサイトが「低品質なサイト」と判断されるのかを理解して、ユーザー及びGoogleから評価されやすい”良質なサイト”を作ることが必要とされています。

Googleによるサイトの評価基準

それでは、Googleはどのような基準でサイトを評価しているのでしょうか?
Googleは、実際に使用している評価基準については明らかにしていませんが、代わりに、そのヒントとなる幾つかのポイントを公表しています。以下に、そのポイントを大きく三つの観点に分けて、説明していきます。

1.サイト全体のユーザー利便性は高いか

Googleが公表しているサイト評価のポイントで、最も多く扱われている内容が「サイトのユーザー利便性」についてです。この観点では、記事やサイトデザインがユーザーに使いやすいように、しっかりと作りこまれているかどうかが重要になります。
具体的には、「サイトの全体から細部までユーザーが使いやすいように配慮されているかどうか」、「コンテンツの品質がきちんと管理され、サイト内に重複したコンテンツなどが存在していないかどうか」などがポイントとして挙げられます。

2.コンテンツに独自性・専門性があるか

Googleが公表しているポイントの中で、ユーザー利便性の次に焦点が当てられているのが「サイトの独自性・専門性」についてです。つまり、この観点では「サイトのコンテンツに、ただ一つの価値があるかどうか」が重要になります。
具体的には、「サイト内で独自のコンテンツ・情報・レポート・研究などを扱っているかどうか」、「サイトの記事が、専門家あるいは熟知者によって書かれているかどうか」などがポイントとして挙げられています。

3.サイトにオーソリティ(信頼性)があるかどうか

Googleのサイトの評価で、最後の観点となるのが「サイトにオーソリティがあるかどうか」です。オーソリティとは”権威性”とも呼ばれ、サイトが「ある分野においてどれだけ有名で信頼されているか」を表します。
オーソリティを判断する具体的なポイントとしては、「サイトで信頼できる記事を提供しているかどうか」、「ユーザーから見て信用できるサイトであるかどうか」が挙げられます。

以上、Googleのサイト評価の3つの観点を理解すれば、良質なサイトおよび低品質なサイトがどのようなものであるかを判別することができます。

低品質なサイトとSEO

Googleは長きに渡って、「価値あるコンテンツをユーザーに提供しない低品質なサイト」をウェブマスターガイドライン違反だとして、手動ペナルティによって排除してきました。

また、2011年には”サイトの品質をアルゴリズムが評価する”という「パンダアップデート」を導入したことで、良質なサイトほど検索上位に表示され、低品質なサイトは下位に追いやられるようになりました。2014年5月には「パンダアップデート4.0」が実施されるなど、パンダアップデートは現在でも更新が続けられており、アルゴリズムによるサイトの品質評価はますます正確に行われるようになっています。

このように、Googleが低品質なサイトを徹底的に排除する姿勢を受けて、ウェブマスターは従来の「外部リンク対策を中心とする、検索エンジン目線のSEO」から、”外部リンク対策だけではなく、ユーザー目線で内部対策も重視するSEO”にシフトすることが求められるようになりました。Googleは基本的に、ユーザーに評価されるサイトを高く評価しますから、ユーザーの要求を満たすような良質なサイトを作ることで、自然とGoogleからも評価されるようになります。

ですからSEOを実施するウェブマスターは、前述したGoogleのサイト評価のポイントを理解して、ユーザーに役立つようサイトの内部対策を充実させることが大切なのです。

ユーザー志向のSEOが大事

いかがでしたか?この記事では、”SEOで低品質なサイトをどう注意するべきか”を説明しました。ウェブマスターはGoogleがどのようにサイトを評価しているのかを理解し、低品質なサイトの作成を避けるように心がけることが大切です。
そして、検索エンジン目線のSEOと併せて”ユーザー目線のSEO”を実施することで、ユーザーから必要とされるような良質なサイトを作るようにしましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月 6ヶ月10%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月7,980

(23,940円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月7,182

(43,092円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定
SEO Packお申込はこちら

Pagetop