SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10431件 (2018/11/13現在)

High Quality Site

高品質なサイト

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、Googleから評価される高品質なサイトを作るにはどうすればいいか、説明します。

Googleから評価される高品質サイトとは?

Googleは、ユーザーに有益な情報を提供する「高品質なサイト」を検索結果の上位に表示させ、それ以外の「低品質なサイト」はペナルティを与えるなどして、上位に表示させないことを基本としています。2012年には”パンダアップデート”も実施され、Googleによるサイトの品質の判別は、ますます厳しさを増しています。

このようにGoogleが、検索結果に表示されるサイトの品質を徹底的に管理しているのは、”求めている情報にユーザーが一早くアクセスできるようにする”という大きな目標を掲げているからです。ウェブマスターも最近では、Googleのそのような姿勢を受けて、サイトの品質を重視する考え方にシフトし始めています。

しかし、そこで”Googleから評価される質の高いサイトを作るにはどうしたらいいのか?”という問題が浮上します。この問題は一見すると、ウェブマスターにとっては初歩的な問題に見えるかもしれません。しかし実際は、Googleでサイトを上位表示させるために必ず向かい合わなければならない問題でありながらも、いまだ明確な答えが出ていないという、難しい問題なのです。

ですから、ウェブマスターは「Googleから評価される高品質なサイト」について少しでも理解できるよう、情報を蓄えることを心がけ、それをサイト作りに活かしていくことが求められます。

ユーザビリティを向上させる

前述したとおり、Googleがアルゴリズムの内容を公開していないことから、高品質なサイトとは何か?という問題に対して明確な答えはありません。しかし、Googleが提示しているアドバイスの内容とウェブマスターによる試行錯誤の結果から、”高品質なサイトを作るために何が必要か”はある程度判明しています。

そして、そこで最も重要とされているのが”ユーザビリティ”の向上です。
ユーザビリティというのは”ユーザー利便性”のことで、「サイトがどれだけ役に立つか、またはどれだけ使いやすいか」という意味で用いられます。Googleは、ウェブマスターのサイト作りの基本方針となる「ウェブマスターガイドライン」上で、Googleから評価される高品質のサイトを作るためには、ユーザビリティの向上を最優先に考えることが大事だと説明してます。

それでは具体的に、「ユーザビリティ」を高めるためにはどうしたらいいのでしょうか? 実は、Googleはパンダアップデートの導入に伴って、良質なサイトを作るためのアドバイスとして、いくつかの問いかけを提示しました。つまり、それはユーザビリティを向上させるためのアドバイスと捉えることが出来ます。
Googleが提示したアドバイスの内容は、以下のようなものになります。

  • 記事に書かれている情報を信頼できますか?
  • 記事では、独自のコンテンツや情報を提供していますか?
  • 記事は雑に作成されてませんか?しっかりと編集して作成されていますか?
  • 記事の内容が薄かったり、役に立たないものであったりしませんか?
  • サイトには、類似または同一のトピックが存在していませんか?
  • サイトが取り扱う内容は、ユーザーの興味に基づいて選択されたものですか?
  • 同じジャンルの競合ページと比べて、ページに明確な価値がありますか?
  • ページの細かい部分まで、配慮がなされていますか?
  • コンテンツは品質はしっかりと管理されていますか?
  • 広告がメインコンテンツの邪魔をしていませんか?

これらの問いかけを自問し、サイトに具体的な対策を施すことによって、サイトのユーザビリティを向上させることができます。例えば、「広告がメインコンテンツの邪魔になっていないか?」という問いかけに対しては、ファーストビュー(ページで最初に表示される画面)に広告を配置しないようにする、ページ全体の広告の量を調整するといった対策を実施することができます。

他にも、「コンテンツの品質はしっかりと管理されているか?」という問いかけからは、コンテンツの質を改善したり、質の低いコンテンツを削除するといった対策を考えることが出来ます。

ユーザビリティとSEOの両立させる

Googleの目標が「求めている情報にユーザーが一早くアクセスできるようにする」ことだというのは最初に説明しましたが、この目標を詳しく分析してみると、実は2つの目標から成り立っていることが分かります。それは、以下の2つになります。

  • 1.ユーザーにとって欲しい情報を提供するサイトが存在すること
  • 2.ユーザーに見つけやすいように、サイトを検索結果に適切に表示すること

Googleは、これら2つの目標を達成するようなサイトを、ユーザーの役に立つ”高品質なサイト”として高く評価します。しかし、ウェブマスターは「ユーザビリティ」を向上させるだけでは、前者の目標しか達成することが出来ません。そこで後者の目標を達成するために、ウェブマスターは更に”SEOを実施する”ことが求められます。

SEOというと「サイトの検索順位を上げるための方法」と捉えられがちですが、本来は「ウェブサイトを検索エンジンで最適に表示させるための方法」のことを指します。つまり、SEOを実施することで「Googleから適切に評価され、ユーザーからも発見されやすいサイト」を作ることが出来るのです。

ウェブマスターは、ユーザビリティとSEOを両立させることによって、「ユーザーが発見しやすく、またユーザーが望む情報を適切に提供するサイト」を作ることが出来ます。このような検索の一連の流れを最適に行うサイトこそが、ユーザーに真に”満足な経験”を与えることのできる「高品質なサイト」なのです。

検索における、ユーザー経験の質を高めるのが大事

いかがでしたか?この記事では、”Googleから評価される高品質なサイトを作るにはどうすればいいか”を説明しました。Googleが評価する高品質なサイトとは、「ユーザーがGoogleで検索したときに、検索結果に適切に表示され、ユーザーに望む情報を提供するサイト」です。そして、このようなサイトを作るためには、ユーザビリティの向上とSEOを両立し、検索の流れの全体において”ユーザーに質の高い経験”を与えられるようにすることが重要なのです。

恐らく今後も、「高品質なサイト」を評価するというGoogleの基本姿勢は変わらないですから、ウェブマスターは今一度、サイトに十分なユーザビリティがあるかどうか、サイトがGoogleにしっかり最適化されているかどうかを確認するべきです。そして、改善の余地がありそうなら、一つ一つ確実に改善するように心がけていきましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月 6ヶ月10%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月7,980

(23,940円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月7,182

(43,092円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定
SEO Packお申込はこちら

Pagetop