SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績11380件 (2020/08/11現在)

meta description

メタディスクリプション

この記事をはてなブックマークに追加

順位上昇(SEO)のためにmeta descriptionをうまく利用する方法について、説明します。

メタディスクリプション(meta description)とは

メタディスクリプション(meta description)とは、htmlのheadタグ内にページの概要を記述するタグ情報の事を指し、別名「スニペット」とも呼ばれます。
ページの概要を記述するタグ情報のため、基本的には他のページと重複しないような内容を設定する事が重要です。

メタディスクリプションとは

上の画像を見てわかる通り「seopack」と検索した場合、description中の「SEO Pack」部分が太字で強調された表示となります。このことから、対策キーワードを含める事で視認性が上がるので、description内には対策キーワードを含める事をお勧めいたします。

しかしながら2020年時点では、meta descriptionを最適な内容に変更したからといって、SEO対策の順位決定要因に直接影響しないことがわかっています。
しかし、検索結果ページからのクリック率を左右するタグ情報の為、meta descriptionの内容は無視できません。

meta descriptionタグの記述方法

サイトのhtmlソース headタグ内に下記のように記述します。

<meta name=”description” content=”サイトの説明文” />

実例)

<meta name="description" content="SEO Pack は月額7980円の総合SEO対策パッケージ!検索エンジンに最適化するために必要な「外部リンク支援・初心者でも内部対策ができるSEOノウハウ集・日々のSEO対策に役立つSEOツール」がセットになったオールインワンパッケージです。" />

meta description記述のポイント

・文字数は100~120文字程度が最適
パソコンの場合です。モバイルの場合は50文字程度が望ましいです。

・SEOキーワードを含むように記述
文字数が多いと、検索結果画面で省略されてしまいます。重要な部分を先頭に記述します。

・SEOキーワードを必要以上に含めない
最近はmeta descriptionの内容によりスパムにはなったケースは確認していませんが、不自然にキーワードを含めるとGoogleからの評価が低下する可能性があります。

・ページ固有にする
重複するmeta descriptionを設定しないことをお勧めします。

meta descriptionを設定しない場合

ページのhtmlソースコードにmeta descriptionが設定されていない場合、Googleが本文中から自動的に内容を拾って記載してくれます。

ホームページ作成ツールによっては、思うようにmeta descriptionが設定できない場合があります。
Meta descriptionが重複するのであれば、あえてmeta descriptionタグを指定しないという選択も考えられます。

変動に強いSEO対策を SEO Pack
この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

キーワード難易度チェックツール

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツールが7日間体験可能!高機能なSEOツールを体験ください。

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されておりますのでご確認ください。

SEO Packご契約者様
SEO対策FAQ

公式SNS

Twitter

facebook

キーワードの変動情報を中心に
SEO情報を配信中。

Pagetop