SEO対策 被リンク+コンテンツ対策+SEOツールで月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績9161件 (2017/06/27現在)
この記事をはてなブックマークに追加

SEO FAQ

SEO対策 よくある質問

現在10位前後に表示されています。1位になるにはどうしたらいいでしょうか?

すでに10位前後に表示されている場合、対策ページに大きなページ内容の変更を行うと、順位が下落するリスクがあるため、注意しつつ対策を行いましょう。
また、直接対策ページにSEO施策を行わず、サイト内のリンク(内部リンク)を見直ししたり、対策ページ以外の内部対策を行うことで、サイト全体の評価を伸ばし上位を目指す方法もあります。
尚、変更する際には、必ずバックアップを取ってから行うようにしましょう。

内部リンクとは

内部リンクとは、同じドメイン内にある別ページから受けているリンクのことをいいます。

弊社のSEO事例では 、
内部リンクを見直すことによって「11位前後のサイトが、4位まで評価をのばした事例」もあります。

内部リンクの代表的なものは、以下の5種類です。

1)グローバルメニュー

グローバルメニュー

グローバルメニューは、メインメニュー、グローバルリンクなどとも呼ばれます。 グローバルメニューには、サイトの主要となるページへの内部リンクを設置します。

サイト内のコンバージョン(製品購入、問合、資料請求)までに、ユーザーが最短で見るべきページのみを含めるなど、グローバルメニューの内容を絞ることが重要です。

グローバルメニューに何を含めるかでユーザーの導線、コンバージョン率、サイトの滞在時間が大きく変化します。

2)パンくずリスト

パンくずリスト

パンくずリストの設置は、サイト内で「自分が今どこにいるのか」がわかりやすくなるため、ユーザービリティが向上します。
その他にも、検索エンジンクローラーがサイト内を巡回しやすくなるため、SEO効果が期待できます。

以下のようなパンくずリストがうまく設置されていないケースが散見されます。より高い効果を期待するため、パンくずリストの設置には注意してください。

※パンくずリストを設置する際の注意事項

注意1) 過剰にやらない
トップページへのリンクに設置するアンカーテキストにSEOワードを含み、過剰SEOとなる危険があります。
トップ―ページのリンクは、トップページ、Home、TOPへなどに設置すると良いでしょう。

悪い例)SEO対策ならSEO Pack>サービスの内容>SEO Packとは

良い例)トップページ>サービスの内容>SEO Packとは

注意2)トップページへのリンクURLが分散する
301リダイレクト設定、canonicalタグなどでURLの正規化を実施していても、パンくずリストで設置するURLが正規化されたURLと異なるURLを設置するケースがあります。
正規化したURLを設置するよう見直ししてください。

悪い例)<li><a href="index.html">トップページ</a></li>

良い例)<li><a href="/">トップページ</a></li>
※正規URL:http://seopack.jp の場合</p>

3)記事内からのリンク【最もお勧め★★★】

コンテンツ(記事)の内容と関連したページへの導線を意識し、コンテンツ(記事)内に設置したリンクのことです。

ユーザービリティの向上をSEO効果が期待できます。

記事内からのリンク

内部リンクを設置した先のページ、もしくはその上位のカテゴリページ、TOPページなどの順位が上昇する可能性がございます。

※記事内リンクを設置する際の注意事項

注意1)過剰に内部リンクを設置しない
内部リンクを設置する際は、本当に必要な場所に設置してください。
そのリンクを設置することでユーザービリティが向上するか、過剰にリンク設置してしまっていないかを考慮しながら設置すると良いと思います。

注意2)内部リンクを設置する際のアンカーテキスト
内部リンクを設置する際のアンカーテキストは、「こちら」などにはせず、重要なSEOワードを自然に含むコンテンツ(記事)の文章をアンカーテキストにして設置する方が良いです。

例)
×6月に発売した、最新のSEO対策分析ツールはこちら
※【こちら】にリンク張る
○6月に発売した、最新のSEO対策分析ツールを紹介します。
※【最新のSEO対策分析ツール】にリンク張る

注意3)設置するURLを統一する

●類似するコンテンツが複数ある場合URLが分散させない
「SEO対策」で内部リンクを設置する場合、リンク先ページを1ページに統一する
以下のように「SEO対策」のページが複数あっても、一番重要なコンテンツに内部リンクを集中させます。

▼SEO対策に関するページ
例1.https://seopack.jp/
例2.https://seopack.jp/seoblog/20150331sugu_01_howto-start/
例3.https://seopack.jp/keyword/
一番重要な、例1のページへリンクを集中させる。

●内部リンクに使うURLを統一する
例えば、TOPページにアクセスするにも以下3つのURLでアクセス可能。
内部リンクはどれか1つのURLに統一する

  • http://seopack.jp/
  • http://seopack.jp/index.html
  • http://www.seopack.jp/
  • 定期的に追加するコンテンツ、ブログ運営などを行っている際は、ぜひ重視していただきたいです。
    なお、SEO Packは、記事内からの内部リンク強化を実施したこともあり、複数のキーワードで上位表示を達成しています。

    4)サイドメニュー

    サイドメニュー

    ページの右、または左に設置しているメニューです。
    ユーザービリティが向上します。コンバージョンにつながるユーザーの導線を考慮しながら、サイドメニューに含む内部リンクを決定させることをお勧めします。

    5)フッターメニュー

    フッターメニュー

    Googleが「フッターコンテンツがSEO評価の主な対象になることがない」と明かしています。

    ただ、フッターリンクを設置することで、サイトのパフォーマンス向上に役立つ可能性があります。

    ※フッターリンクの明らかなスパムはペナルティ対象になります。

    ●内部リンクが多いページを確認する
    Googleサーチコンソールを利用することで確認ができます。

    ▼手順
    1)Googleサーチコンソールにログインする
    2)検索トラフィック-内部リンク をクリックする

    Googleサーチコンソールの手順

    上から順に、内部リンクが多いページです。

    まとめ

    内部リンクの目的は2つあります。

  • 内部リンクの強化によるSEO効果
  • ユーザービリティの向上
  • キーワード順位が10位以内の場合などは、内部リンクが高いSEO効果を発揮する場合もあります。

    ただ、内部リンクよりも高いSEO効果が期待できるのは、「被リンク」と「コンテンツ」です。

    まずは、「被リンク」と「コンテンツ」対応を十分に実施し、10位以内にランクインした際には、内部リンクの見直しを行うと良いでしょう。

    この記事をはてなブックマークに追加

    SEO Pack 費用・料金とご契約期間

    【SEO Pack】0%offキャンペーン

    契約期間

    3ヶ月初月分半額 6ヶ月初月分無料

    お支払総額(税込)

    1ヶ月6,650

    (19,950円/3ヶ月)

    1ヶ月6,650

    通常価格47,880円

    (39,900円/6ヵ月)

    初期費用

    0円
    初期費用なし
    SEO Packお申込はこちら

    Pagetop