ブログの検索流入を増やす6つの方法

SEOならSEOパック

[2016/02/13] (最終更新日 2021/07/01)

ブログの検索流入を増やす6つの方法

検索トラフィックを増加させるには、ブログを書き続けるかコンテンツを追加し続けることが重要と本ブログでも何度も説明しています。

今回はブログでの記事作成のポイントを紹介します。これを機にブログから検索流入を増やす戦略の組み立てをしてはいかがでしょうか?

ブログ記事作成のポイント

検索流入を増やすブログ記事作成のポイントを6つ挙げます。

1.キーワードにこだわり過ぎない
2.記事数より記事の質を重視する
3.ソーシャルメディアを活用
4.リンクは量か?質か?
5.リンクを得るためのコンテンツ
6.モバイルユーザーが増えているからモバイルで見やすくしろ

最も重要なのは、1のキーワードにこだわりすぎない点だと思います。

Webマーケターにとって、ブログを充実させることで検索エンジンからの流入増を目指すことはとても重要な事となりますが、気をつけるべきなのは、長期的な検索トラフィックをもたらす事をめざすべきだという事です。

SEOは日進月歩で常に新たな作戦を考えるべきです。Googleのアルゴリズムは思ったよりもずっとめまぐるしく変化しています。
検索トラフィックを上げることも重要ですが、もっと重要なことがあります。潜在的なロイヤルカスタマーを増やすということです。

ブログにとって高品質な記事は、最も大切なものの一つです。
ブログによって検索流入を安定的に増やすためにはどうしたら良いか、5つのポイントを紹介します。

1.キーワードにこだわり過ぎない

グーグルは近年、ユーザーエクスペリエンスの総合的な向上を目指しています。つまり、「ページにキーワードが入っていたらOK」なのではなく、「そのキーワードで検索してくるユーザーが求めるコンテンツ」が何かを割り出し、そうしたコンテンツに合致しているサイトを評価するようになってきています。

つまり対策キーワードをページにいれておけば良いということではなく、記事の質を上げることがより重要になってきているのです。

当然ですが、キーワードについて考えなくて良いという訳ではありません。記事のテーマとキーワードは明確化する事がおすすめです。
検索エンジンは、単純にキーワードに頼って順位評価しているわけではなく、正しい文脈でキーワードが用いられているかといった事はより正確に理解するようになってきています。対策キーワードに気を配りつつも、ユーザーにとって有益な記事を作ることを念頭に置かないといけません。

テーマとキーワードを明確化する事がおすすめ

漫然とブログ記事を書くのでは無く、記事のテーマをはっきりとさせ、そのテーマを具体的なキーワードとしていくつかの単語にまとめます。そのようにして選ばれた対策キーワードを、記事のタイトルに必ず配置して、文中にも意識的に盛り込んでいきましょう。

例えば、映画「ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー」を見てその感想をブログに書くとします。この時のキーワード候補は、このようになります。


「ローグワン 感想」
「ローグワン 評価」
「ローグワン 評判」

SEOの対策キーワードは、「このページを探している人は、検索窓でどういうワードを入力するのだろう?」という事を考えて決定します。なので出来るだけ短く、より多くの人が選ぶような単語をキーワードとすると良いでしょう。

テーマの無いページは、そもそも評価のしようがない

Googleの検索エンジンはユーザーが求めるページを探し出すために、「これは○○に詳しいページ」という風にページごとのテーマを判断します。つまり、テーマやキーワードがはっきりしないサイトは、評価自体がされにくくなってしまいます。

「どんな人に読んでほしいか」を明確にして記事を書き、その上でキーワードを意識的に配置していくと、SEO対策として効果的です。

2.記事数より記事の質を重視する

検索エンジンは、ユーザーの役に立つページを評価します。ユーザーの役に立たないページは評価しません。つまり、ある一定のクオリティに達しない記事であれば、書いてもあまり意味がないのです。

ある人気ブロガーが、検索流入増加の秘訣としてこんなことを言っています。

5日間毎日更新した5記事より、5日間かけて書いた1記事がPV数を伸ばす
ブログ収入が月10万円を越えたので、SEO対策についてまとめてみる

これは非常に本質的です。記事数が増えるとなんとなく安心感がありますし、「数撃ちゃ当たる」的なことも期待してしまいます。だから一つの記事に時間をかけるよりも、安上がりな記事を沢山書いてしまいがちです。しかし検索エンジンは非常に進化しています。ユーザーの役に立たない粗製濫造された低品質な記事は、かなり正確に見抜けかれるようになってきています。

ゼロをいくら積み上げてもゼロにしかなりません。無意味な記事を追加しまくるのではなく、情報量が多く読みやすい記事を一つ一つ粛々と書いていくことが、実はSEOで検索流入増加の一番の近道です。(良い記事を1日に何本も書けるのなら、もちろんそれがベストです。)

「ユーザー評価の高いページが多いサイト」と検索エンジンが判断すれば、サイト全体の評価が高まります。ブログのSEO対策では、量より質を優先することをおすすめします。

3.ソーシャルメディアを活用

Facebook、Twitterで投稿をシェアしましょう。ウェブ上のより多くの場所であなたのサイトが取り上げられていれば、Googleから認知される機会も多くなるからです。

あなたのソーシャルメディア上の読者は、現在のところは直接的な顧客では無いかもしれません。検索エンジンのユーザーと違って、彼らは差し迫った問題を抱えていないからです。しかし、彼らが良いコンテンツに興味を抱くことは変わりありません。

有益でよく練られたコンテンツは、読者のユーザーエクスペリエンスを高めます。付加価値の高い情報をコンスタントに出し続ければ、ソーシャルメディア上のユーザーもあなたのサイトに訪れてくれるようになるでしょう。記事を面白いと思った人が、自分のサイトで紹介してくれたりすれば、自然とバックリンクも増えていきます。

4.リンクは量か?質か?

リンクは未だに、検索ランキングを決定するための重要な要素です

リンクを大量に購入するという手段はシンプルで比較的安上がりな方策なので、大量のリンクを提供してくれるような業者は多く存在します。しかしよく言われているように、業者を適当に選ぶと「ペナルティの危険性」を高め、またブランドを貶める危険性もあります。

そのため、リンクに関する考えを改める必要があります。ペンギンアップデートでダメージを受けないようにするためにも、リンクは量よりも質を重視するべきです。

5.リンクを得るためのコンテンツ

良質で有益なコンテンツをつくれば、その記事を共有やリンクをしてくれることでしょう。また、サイト内で内部リンクを強化する事も忘れてはいけません。

適切な内部リンクでSEO強化

ある程度ブログを書き続けてくると、記事同士の関連性が生まれてきます。そのような時には積極的にリンクを貼って、過去記事を紹介していきましょう。

過去記事へのリンクを貼ることによって、まず第一に内部リンクの拡充によるSEO効果が期待できます。記事の文脈に沿ったリンクは、検索エンジンも評価の対象として重要視します。逆に過去の記事から新しく出来たページに対してリンクを貼るのも、もちろん有効でしょう。

内部リンクを整備する事はユーザビリティにも影響します。
テキストだけでストイックに書かれたブログも悪いものではありませんが、やはり参照先として別のページへのリンクが設置されていると、コンテンツの深みが全く違ってきます。例えば「この言葉は少し難しいかもな」という部分があって、もし自分のブログの中にその解説に相当するページがあるのなら、迷わずにその過去記事へのリンクを設置しましょう。

正しい内部リンクの配置によってユーザーの滞在時間が増えれば、検索エンジンが「有益なサイトである」という評価を高め、検索順位にも影響が見られることでしょう。

6.モバイルユーザーが増えているからモバイルで見やすくしよう

・見やすいレイアウト
・素早い表示速度
・モバイル向けのコンテンツがどうかを検証

まとめ

SEOはあらゆるデジタルマーケティングにおける重要な長期戦略となっています。検索エンジン上位を獲得するための近道は、ユーザーが本当に求めている有益なコンテンツを提供することです。だからがんばって記事を書いていきましょう。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

SEO対策サービスSEO Packキャンペーン

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツール。

メールアドレス入力で7日間無料トライアル開始!

<

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されますのでご確認ください。
以前ご登録いただいたメールアドレスではご利用いただけません。

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて
キーワード難易度チェックツール

SEOツールseodoor

公式SNS

Twitter

facebook