SEO対策のためにGoogleに登録する方法

SEOならSEOパック
ご利用実績10319件 (2018/09/23現在)

[2017/02/09] (最終更新日 2017/03/29)

SEO対策のためにGoogleに登録する方法

170209-google-registration01

SEO対策をしてサイトが検索ランキングで上位に来るようにするためには、サイトがGoogleのデータとして登録されていなければなりません。

検索エンジンにサイトが登録されることを「インデックス」といいます。Googleにインデックスされることによって、定期的に検索ロボットがサイトに来て更新の具合を調べてくれるようになります。サイトをGoogleへ登録 = インデックスさせるにはどうしたら良いのでしょうか。

Googleに登録 = インデックスする方法

サイトをインデックスさせるには、サーチコンソール(Google Search Console)を使用します。サーチコンソールの登録方法は、こちらをご覧ください。

実は、サーチコンソールに登録した段階でGoogleへのインデックス依頼が完了します。これで遅くても2~3日、早ければ登録してすぐにあなたのサイトがGoogleとYahoo!Japanから検索可能になります。

インデックスされたかを調べるには

インデックスされているかどうか、調べるのは簡単です。

Googleの検索窓で「site:○○○○○○」と打ち込み、検索をかけてみるだけです。○○○○○○には確認したいサイトのURLを入れます。たとえばこのページであれば「site:/seoblog/170209-google-registration/」と検索してみます。

これで該当のページが検索結果画面にあれば、晴れてGoogleへの登録が済み、SEO対策の準備が整ったことになります。

アクセス増加のためにコンテンツ対策を

Googleのインデックスが完了したら、順位上昇のための本格的なSEO対策を行っていきます。

近年のGoogleの傾向をみると、サイトのコンテンツがより重視されるようになってきています。つまり、ユーザーの役に立つコンテンツが多いサイトほど高く評価され、上位に行きやすくなります。

有効なコンテンツを探すには「上位SEO解析ツール fukuro」が便利です。上位化しやすいコンテンツを自動的に探してくれる無料ツールです。是非今後のSEO対策に活かしていきましょう。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。