Google: HTTPSサイトの割合、2年で「3倍」に

SEOならSEOパック
ご利用実績11376件 (2020/08/04現在)

[2014/11/13] (最終更新日 2018/05/14)

Google: HTTPSサイトの割合、2年で「3倍」に

現在のHTTPSサイトの数は、2年前と比較して3倍になっている、とGoogleが明かしました。

これはGoogleが観測する「トップ300,000サイト」内のHTTPSサイト割合の比較で、確かに以前の4%から現在は13%に達しています。Web管理者やSEO担当者がこの数字をどう解釈すべきかについて、本記事で考えてみようと思います。

20141113https

Googleの調査サイトによる調べ

発言があったのは、Googleの開発スポークスパーソンであるイリヤ・グリゴリークさんのGoogle+。彼らは、Google出資の調査サイト http archive でこうしたデータを観測しており、今回のデータは、その2014年10月付のものです。

確かに増えてはいるが・・・

確かに4%→13%は大躍進ですが、Googleが目指すのは「HTTPS Everywhere」=扱う全サイトのHTTPS化です。この遠大な目標に比べると、トップ300,000サイトだけでも13%という現状は、むしろ、まだまだ隔たりを感じさせるものです。

また、今回のGoogle+の投稿には2012年末からのHTTPSサイト数推移がグラフで載っていますが、これを見るに、HTTPSサイトの数は、2013年1Qの終わりにグッと伸びていますが、そのあとは伸び悩み、2014年4Qに差し掛かると、むしろ減っているようにも見えます。

「HTTPS Everywhere」はまだまだ先か

以前、「いずれHTTPSが順位上昇に影響するようになる」という話があり、このブログでも記事にしたことがあります。

Googleの「HTTPS重視」発表をどう解釈するか|SEO Packブログ

この時も「まだ順位に影響はないので、焦ってHTTPS化しなくてもよいかも」と書きましたが、今回の13%という数字、またこの2年間の推移を見ても、やはりまだ焦って導入する必要もなさそうです。

まだ13%しかないのに、HTTPSサイトだけを優遇したら、Google検索結果のユーザビリティは確実に混乱するからです。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツールが7日間無料!

<

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されておりますのでご確認ください。

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて
キーワード難易度チェックツール

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。