リンク否認なしでも「良質リンク増でペンギンペナルティ回復可能」と判明

SEOならSEOパック
ご利用実績11380件 (2020/08/08現在)

[2015/01/13] (最終更新日 2018/05/15)

リンク否認なしでも「良質リンク増でペンギンペナルティ回復可能」と判明

Googleが「リンク否認ファイルを使って悪いリンクを削除しなくても、ペンギンペナルティから回復することはできる」と明らかにしました。

下のGoogle Hangout動画によれば、自サイトがペンギンアルゴリズムの打撃を受けた場合でも、悪いリンクの否認ファイルを手動でアップロードすることなく、
より質のよいリンクを獲得することで順位回復できる
ということです。

ただし、良質リンクが悪いリンクよりどれくらい多ければいいのか、という具体的な数値などにミューラーは触れておらず、

(ペンギンアルゴリズムは)リンクの状態の様々な要素を統合して見ている

と語っており、アルゴリズムの評価が良質リンクの方を重視したら、サイト順位が回復することになる、といった説明を行っています。

さらに、米SEOメディアでは、恐らくこの判定方法は「単に良質リンクのパーセンテージだけでは決まらない」ものとしています。

なおミューラーは、リンク否認なしでペンギンから回復できるとはいえ、それでもなお「悪いリンクの否認作業は行うべき」と発言しています。

参考リンク

Google: Even Without Disavowing, Getting Good Links Can Remove Your Penguin Problems – SEARCH ENGINE ROUNDTABLE

John Mueller – Google Hangout

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツールが7日間無料!

<

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されておりますのでご確認ください。

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて
キーワード難易度チェックツール

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。