施行迫るGDPR。アナリティクスを利用の貴サイトも無関係ではない?

SEOならSEOパック
ご利用実績10434件 (2018/11/14現在)

施行迫るGDPR。アナリティクスを利用の貴サイトも無関係ではない?

2018年5月25日に施行される「EU一般データ保護規則(GDPR)」。
日本にいても様々なサービスからGDPR施行に伴うお知らせをメールで受け取っている事でしょう。
そもそもGDPRと私たちは何か関係があるの?と思っていた方のために、
3分でわかるGDPRとアナリティクスの関係をご紹介します。

GDPRとは

GDPRとは個人データの保護や処理・移転、取扱について定めたEUに加盟する国が対象の法律です。

では「EUで活動していない日本では関係ないのでは?」と思いがちですがそうでもないのです。

例えばこのような日本法人はGDPRが適用

  • EUに現地法人や支店がある
  • EUで個人データを収集している
  • EUに個人データを扱うデータベースやサーバーがある
  • EUに商品・サービスを販売している

私たちが利用するサービス「アナリティクス」も対象


サービスを受ける側の私たちも無関係ではありません。
GoogleアナリティクスはWebサイト分析に、今や欠かせないツールですが、5月25日までに「設定変更しないと全データが消去される!」という情報を耳にした方も多いのではないでしょうか?

GDPR施行によりデータの保持期間が変更になるのは「User-ID」を利用したデータになります。
全データではないので、まずはご安心ください。

とはいえ、データを消されるのはちょっと…という場合には、
以下の流れで設定が変更できます。

  1. ログインし歯車アイコン「管理」をクリック
  2. プロパティ→トラッキング情報→データ保持を表示
  3. 『ユーザーデータとイベントデータの保持』部分を「自動的に期限切れにならない」を選択、
     『新しいアクティビティをリセット』項目を「オフ」を選択
  4. 保存

GDPRまとめ

以上、3分でわかるGDPRとアナリティクスをご紹介しました。
このように「EU一般データ保護規則(GDPR)」の施行は、私たち、サービスを利用する側も無関係ではありません。

SEO対策は外部対策も内部(コンテンツ)対策も重要です。
コンテンツ対策の改善には、アナリティクスデータ活用がヒントになります。
総合SEOパッケージのSEO Packを利用しながら、アナリティクスのデータに今一度目を向け、貴サイトの目標達成に取り組みましょう。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。