GoogleのBERTがついに日本語で適用開始!今後に必要なSEO対策は?

SEOならSEOパック
ご利用実績11293件 (2020/06/02現在)

GoogleのBERTがついに日本語で適用開始!今後に必要なSEO対策は?

Googleは日本時間2019年12月10日、自然言語処理技術「BERT」を日本語を含む70以上の言語に適用させたことをtwitterで公表しました。

BERTとはBidirectional Encoder Representations from Transformersの略となりますが、

人間の話す言語の「文脈」を理解するといわれるBERTは、検索エンジン『過去5年で最大の飛躍』とGoogleに言わしめた注目すべきアップデート。
気になっていた方も多いのではないでしょうか。

英語検索向けに初めてBERTがリリースされたのは2019年の10月25日。それから約2カ月で展開範囲を世界70以上の言語に適用させました。
モバイル検索の普及により「検索クエリの多様化」に対応するべく導入されたBERTですが、日本語にも適用された今、文章の文脈を理解・反映した検索結果が表示されていきます。

BERT導入以降のSEO対策方法はどう変わる?

私たちはこれからBERT用に特別なSEO対策が必要なのでしょうか?
答えは「NO」です。

今まで同様『検索ユーザーの検索意図に応えるようなコンテンツを作成する』事が求められます。
検索意図は上位サイト傾向からある程度推測する事ができます。
「買いたい」のか「知りたい」のかなど、まずは大まかに傾向を把握してみましょう。

上位サイトの分析にはSEOツールを使うと便利

手動で、上位サイトの状況をひとつひとつ分析していくのは、なかなか骨が折れる作業です。
そこで、ツールを活用し簡単に必要な情報を分析・比較してみてはいかがでしょうか。

インターネットで検索すると様々なSEOツールが見つかると思いますが、上位サイトの分析ができるツールとしておすすめのツールは「seodoor(セオドア)」というツールです。
seodoorは、SEO Packをご利用いただいていた方はご存知かもしれません。

SEO Packの付属ツールだったseodoorを、2019年4月に改修させていただき、SEO Packのご契約を頂かなくてもseodoorのみのご利用・ご契約できるように商品開発させていただきました。

SEOツールseodoorの機能に「コンテンツ分析」と「サイト分析」という機能があり、上位サイトと自分のサイトなどチェックしたサイトとの比較・分析が可能です。

必要な文章の情報量や共起語、hタグの使用状況など、上位サイトを分析した結果を簡単に取得できる機能ですが、取得した情報を眺めてみると、
必要な情報の傾向=検索意図が見えてきます。

上位サイトを分析できる機能を試しに使ってみたいという方、無料トライアルのご用意があります。是非一度、便利な機能を使ってみてください。

SEOツール「seodoor」の詳細はこちら
7日間無料トライアルのあるSEOツールseodoorへ

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツールが7日間無料!

seodoor by SEO Pack

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて
キーワード難易度チェックツール

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。