SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10431件 (2018/11/13現在)

Panda Recovery

パンダリカバリ

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、パンダアップデートからリカバリするためにはどうすればいいか、説明します。

パンダアップデートからのリカバリ

2012年に「パンダアップデート」が導入され、Googleが”サイトの品質”をアルゴリズムによって自動的に判断するようになると、「高品質なサイト」の掲載順位は上昇し、「低品質なサイト」の順位は下落するようになりました。これにより、どのようなサイトであっても、意図せず低品質なコンテンツを扱ってしまうなどして、掲載順位を下げられる可能性が出てきました。

現に、ウェブマスターには覚えがないのに、パンダアップデートによって”低品質”と判断され、検索順位を下げられてしまったサイトが数多く存在しています。掲載順位を下げられている間、Google経由のアクセスは大幅に減少してしまいますから、その損失は計り知れません。そこで、ウェブマスターにとって”どうすればパンダアップデートからリカバリできるのか”が重要になってきました。
ウェブマスターはどのようなことを原因として、パンダアップデートがサイトを”低品質”と判断するのかを理解し、リカバリを適切に行えるようにしておく必要があります。

パンダアップデートの原因を見つける

パンダアップデートによる順位低下は、その原因である”サイトの質の悪い部分”をなくすことによって、次回の更新時に”自動的にリカバリ”されます。具体的には、原因と思われる部分を改善もしくは削除していくことになりますが、まずは何が原因になっているかの目星を付けるところから始めなくてはなりません。

そこで、Googleが提示している”サイトの品質を評価するための問いかけ”をヒントとして、以下の3つの観点からサイトを見つめ直してみましょう。

1.サイトのユーザー利便性は失われていないか

Googleはユーザーの役に立つサイトを高く評価しますから、ユーザーが使いやすいようにレイアウトを作りこんでいたり、コンテンツの品質をしっかりと管理したりしているサイトは”高品質”だと判断されます。

ですから逆に、コンテンツの品質管理がしっかりと行われておらず、サイトのテーマと関係のないコンテンツを扱っていたりすると、そのサイトは”低品質”と判断されることになります。

2.コンテンツにただ一つの価値はあるか

Googleがサイトを評価するときに重視しているのが、コンテンツの品質になります。例えば、オリジナリティのある記事や専門的なことについて書かれた記事など、他のサイトにはない情報について扱った記事を載せていると、そのサイトはユーザーに有意義な情報を提供するとして、Googleから”高品質”だと判断されます。

しかし逆に、内容の浅い記事を載せていたり、コピーコンテンツなどの独自性のない記事を載せていたりすると、Googleからは価値のないサイトだと判断されてしまいます。

3.信用できるサイトであるか

ユーザーが安心して利用できるような工夫をしているサイトこそ、Googleにとっても信頼できるサイトとして高く評価されます。ユーザーから見て信頼出来ないサイトは、やはりGoogleにとっても評価するにあたわないのです。

ですから、コンテンツの信憑性が低かったり、利用するのがためらわれるような構築がなされているサイトは、Googleから信頼されることはありません。

以上の点をチェックして、改善できるものについては改善し、削除するべきものについてはまとめて削除してしまいましょう。何らか事情で削除したくない場合には「no indexタグ」を使って、サイトを非表示にしてしまうのも手です。ともかく、パンダアップデートを迅速にリカバリするために、疑わしい部分については迷わず対処することが大切です。

パンダアップデートへの対策とリカバリ

「パンダアップデート」は約1ヶ月周期に更新が実施されており、その度にGoogleのランキングに少なからず影響を与えてきました。最近では、2014年5月に「パンダアップデート4.0」があり、検索ランキングに大きな変動を引き起こしました。

ウェブマスターは運営サイトの掲載順位が急激に低下した場合、手動ペナルティの通知が届いていないのであれば、パンダアップデートによる影響を疑うべきです。ネット上で提供されているSEOツールを使えば、サイトの順位低下がパンダアップデートによるものなのかどうか推測することが出来ます。

しかし、「パンダアップデート」によって順位が下落していると判明したとしても、実際にパンダアップデートからリカバリするのは難しいと言われています。
なぜなら、リカバリしようにも、そもそも何が原因で順位が下げられているのか正確には分からないからです。ウェブマスターは前述したヒントを参考にしたり、思い当たる節を検討するなどして、原因と思われるものを大まかに特定し、それを地道に対処していくしか方法がありません。

ですから、ウェブマスターはリカバリを”最後の手段”として捉えて、パンダアップデートには出来るだけ引っかからないように最善を尽くすことが大切です。そのためには、”高品質なサイトを目指していくこと”が大事です。

ウェブマスターはユーザーに役立つよう、レイアウトを改善したりコンテンツを充実させたりすることで”サイトの品質”を高め、パンダアップデートによる順位低下を避けることができます。それどころか、Googleから高品質なサイトだと判断されれば、パンダアップデートはむしろ”順位上昇のチャンス”として働くようになります。
サイトの品質の向上を心がけることで、パンダアップデートをポジティブに対策し、リカバリを出来るだけ行わなくていいようにするのが、最善の対策だと言えるのです。

リカバリしなくていいように対策することが大事

いかがでしたか?この記事では、”パンダアップデートからリカバリするためにはどうすればいいか”を説明しました。「パンダアップデート」によって運営サイトの順位が下落してしまったとき、ウェブマスターはその原因となった”サイトの質の悪い部分”を改善するか、もしくは削除することによって、サイトをその状態からリカバリさせることができます。

ただし、パンダアップデートからのリカバリは難しいので、出来るだけリカバリを行わなくてもいいように、普段からサイトの品質の向上に努めることが大事です。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月 6ヶ月10%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月7,980

(23,940円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月7,182

(43,092円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・コンテンツ対策支援、内部対策支援
・SEOツールの各種機能(順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
・被リンク10本設定
SEO Packお申込はこちら

Pagetop