SEO対策はSEOツール(内部対策+コンテンツ対策)+外部対策で月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績10166件 (2018/07/22現在)

Penguin Update 2.0

ペンギンアップデート2.0

この記事をはてなブックマークに追加

この記事では、ペンギンアップデート2.0を受けてSEOをどう実施していくべきか、説明します。

ペンギンアップデート2.0とは?

ペンギンアップデート」は”被リンクをウェブスパム的な手法で利用するサイト”を順位低下させるものですが、2012年に初めてリリースされた際には、Googleのランキングに大きな影響を与えたことで話題になりました。

そのため、2013年に”次世代のペンギンアップデート”である「ペンギンアップデート2.0」がリリースされると、ランキングに大きな影響を与えるのではないかと予想されましたが、実際には想像されていたよりも小さな変動しか引き起こさなかったと言われています。

あれから一年あまり経過し、「ペンギンアップデート2.0」は「2.1」へとマイナーアップデートしましたが、やはり目立った変動は起きませんでした。しかし今後、ペンギンアップデート2.0が継続的に更新されていくことによって、ランキングに大きな影響を与えるようになることは十分に考えられます。

ですから、ウェブマスターはペンギンアップデート2.0の特徴を理解し、どのようにSEOを進めていけばいいかを、今こそ知っておく必要があります。そうすることによって、「2.0」の更新に備えるだけでなく、その先のペンギンアップデートを対策することにも繋げることできるのです。

ペンギンアップデート2.0の特徴

それでは、ペンギンアップデート2.0の特徴について、くわしく説明していきます。

「ペンギンアップデート2.0」は次世代のペンギンアップデートと呼ばれていますが、基本的な部分では「ペンギンアップデート1.0」とほとんど同じで、被リンクによる過剰なSEOを実施したサイトを順位低下させます。

例えば「2.0」でも、被リンク増殖ツールで獲得したリンクなど”不自然なリンク”を貼り付けていたり、被リンクのアンカーテキストが同じキーワードで一致したりしていると、順位低下の対象とされてしまいます。
しかし、「2.0」になったことで変わったところもいくつかあります。最も大きく変わった部分としては”チェックするページの範囲が広がった”ことがあります。「1.0」ではトップページに貼られたリンクしかチェックしなかったのに対し、「2.0」ではトップページの下層にある、個々のページのリンクまでチェックするようになりました。

また、リンクの良し悪しの判断基準も見直されたと言われており、順位を下げるサイトをより適切に見分けるようになったとされています。
以上のことをまとめると、「ペンギンアップデート2.0」というのは「ペンギンアップデート1.0」の基本的な部分を踏襲しながらも、その機能を向上し拡張させたものであると言うことができます。

ペンギンアップデート2.0と被リンク対策

「ペンギンアップデート2.0」はリリースされる前から、Googleのマットカッツ氏によって”ランキングに大きな影響を与えるだろう”と、幾度となくほのめかされてきました。その為、被リンク対策を実施しているウェブマスターは、「2.0」によってサイトの順位が大きく下がるのではないかと心配しましたが、いざリリースされてみると日本では大きな変動は起こりませんでした。

また、被リンクの効果については、「2.0」が実施された後も依然として有効であることが、Googleによって認められています。このことから、ウェブマスターは、”ペンギンアップデート2.0になったからといって、新しく対策することはない”といえるのです。むしろ、ウェブマスターはペンギンアップデートの基本的な対策を再確認し、それを突き詰めることによって、今後のペンギンアップデートへの対策とするべきなのです。

そこで、ペンギンアップデートへの対策で最も重要なのが”被リンクの自然さ”であるということを、ウェブマスターは再確認しておきましょう。基本として不自然なリンクを避け、出来るだけ自然なリンクを獲得するように心がけることが大切です。また、アンカーテキストが同じキーワードで一致しているのも不自然ですから、アンカーテキストは分散させるようにするといいでしょう。
そのように”被リンクの自然さ”を追求すれば、ペンギンアップデートによるリスクを抑えることもできますし、サイトの価値をより高めることにもつなげられるのです。

被リンク対策は自然さが大事

いかがでしたか?この記事では、¥”ペンギンアップデート2.0を受けてSEOをどう実施していくべきか”を説明しました。「ペンギンアップデート2.0」は次世代と謳われていましたが、その特徴は「1.0」の機能を向上・拡張させたものであり、リリースされてみると予想されたほどの影響は与えませんでした。しかし、これを端矢に、ペンギンアップデートの機能はますます向上していくことが考えられますので、ウェブマスターは一度基本へ立ち戻って、「被リンクの自然さ」を大事にすることが求められます。

主に、オーソリティサイトや、運営サイトと関連性の高いサイトからのリンクなど「高品質なサイト」からの”自然なリンク”を獲得するように心がけます。そうすることで、ペンギンアップデートによって順位低下させられる危険性も低くなりますし、むしろ、Googleからサイトを高く評価してもらうことにつながります。
ウェブマスターは被リンク対策で”自然さ”を大事にすることで、ペンギンアップデート2.0を対策しつつ、サイトの上位表示を目指していくことが出来るでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

記事一覧へ

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月10%OFF 6ヶ月10%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月7,182

(21,546円/3ヶ月総額)

定価23,940円/3ヶ月

1ヶ月7,182

(43,092円/6ヶ月総額)

定価47,880円/6ヶ月

初期費用・追加費用

初期費用0円
0円(一切かかりません)

サービス内容

・被リンク10本設定
・SEOツール「seodoor」の各種機能(コンテンツ対策支援、順位計測、SEOノウハウの提供など)提供
SEO Packお申込はこちら

Pagetop