SEO対策 被リンク+コンテンツ対策+SEOツールで月額7,980円

SEOならSEOパック
ご利用実績9604件 (2017/12/15現在)

SEO FAQ

SEO対策 よくある質問

キーワードの表記揺れが考えられる場合、どのように対策すると良いでしょうか?

キーワードの表記揺れは、検索エンジンの機能向上により、さほど考慮する必要がありません。心配な場合、最も検索数の多いキーワードを選ぶことをお勧めします。

キーワードの表記揺れとは

同音、同意味の語句で異なる文字表記されることを言います。
マイクロソフトが数年前に、サーバ→サーバーと表記語を変更したこともあります。

▼表記揺れの種類と例

キーワードの表記揺れが考えられる場合、どのように対策すると良いでしょうか?

▼表記揺れによって、検索結果が異なる場合がある
例)キーワード:「引越し」「引越」

キーワードの表記揺れが考えられる場合、どのように対策すると良いでしょうか?2

キーワードの表記揺れに対するSEOとしての対策

検索エンジンの機能が向上しておりますので、さほど気にすることはありません。
ただ、上記にご案内したように、検索結果が異なる事がありますので、まずは以下の2点を確認します。

・表記揺れによる検索結果がどの程度違うか
・上位表示されているサイトの傾向(サイト内に記述されているコンテンツ内容)が同じか

表記揺れによる検索結果が大きく違う場合は、上位表示されているサイトの傾向を確認します。

現在のGoogleは、ユーザーが求める情報(サイトクリック率が高く、サイト滞在時間が長い)を保有するサイトを上位表示させています。

上位表示されているサイトの傾向が異なる場合は、どのキーワードが自社サイトの内容とマッチするかを確認し、よりマッチするキーワードを採用することをお勧めします。

上記以外のケースは、検索数が多いキーワードを選ぶとよいでしょう。

表記揺れがあるキーワードでSEO対策を行う場合は、下記2点を行うことをお勧めします。

・自社サイト内(1ページ内)で記述するキーワードは、1つに徹底する(本文中に「引越し」「引越」を混在させない)
・meta keywordsには、表記揺れしたキーワードを入力する

まとめ

ユーザーが検索に利用するキーワードは1つではありません。複合語でも検索を行うことがあります。
検索エンジンは、表記揺れするキーワードを類似するキーワードとして処理してくれます。しかし、完全ではないこともあるためページごとに表記揺れするキーワードを使い分けしても良いかと思います。(ビックキーワードの場合は、統一した方が上位表示が実現しやすいと考えます。)

この記事をはてなブックマークに追加

SEO Pack 費用・料金とご契約期間

【SEO Pack】0%offキャンペーン

契約期間

3ヶ月20%OFF 6ヶ月20%OFF

お支払総額(税込)

1ヶ月6,384

(19,152円/3ヶ月)

1ヶ月6,384

通常価格47,880円

(38,304円/6ヵ月)

初期費用

0円
初期費用なし
SEO Packお申込はこちら

Pagetop