コンテンツ対策でSEOを強化する

SEOならSEOパック
ご利用実績9518件 (2017/11/18現在)

[2017/01/19] (最終更新日 2017/03/29)

コンテンツ対策でSEOを強化する

170119-content-seo01

最近の検索エンジンはユーザーが求める情報が多いページを高く評価します。つまり、質が高くユーザーのニーズにマッチするコンテンツが多いページほど、検索順位の上位を取ることができます。有効なコンテンツ対策はどのようなものなのでしょうか。

コンテンツ対策とは

コンテンツ対策とは、「SEOキーワード(検索クエリ)」から「検索ユーザーの求めるコンテンツ」を分析し、ライバルサイトよりも良いコンテンツを用意し、サイトの評価を高めることを指します。

SEO対策の柱は「リンク」と「コンテンツ」です。最近の検索エンジンの傾向として、コンテンツを重視するようになってきています。つまりリンクを多く集めていて、尚且つユーザーが求めているコンテンツをしっかり備えているページが高く評価されます。

「コンテンツ対策」は「検索ユーザーをよく知るあなた」が一番良い対策ができる部分です。あなただけしかできない「コンテンツ対策」を行うため、以下の3つのポイントを確認しましょう。


・検索ユーザーのニーズを知る
・検索ニーズとオーナーのズレ
・評価されるコンテンツは変わる

検索ユーザーのニーズを知る

より良い「コンテンツ対策」を行うには「検索ユーザーが欲しい情報を知る」事が重要です。

ただ「サイトオーナーが検索ユーザーが欲しいと思っている情報」と「本当に検索ユーザーが欲しい情報」に食い違いが出ているケースが多いため実際に検索エンジンを利用し、検索エンジンに「検索ユーザーの求める情報があるサイト(ページ)」として現在評価されている上位サイトをチェックすることで「検索ユーザー目線のコンテンツチェック」をしてみましょう。

検索ニーズとオーナーの認識のズレ

稀に「サイトオーナーが対策したいSEOキーワード」と「検索ユーザーの欲しい情報」に大きなズレが生じることがあります。例えば「ホームページ制作会社」がSEO対策をしたい場合、以下のようなズレが生じます。
170119-content-seo02

評価されるコンテンツは変わる

コンテンツ対策は「一度したから終わり」ではありません。検索ユーザーが欲しいもの(情報)は、その時々によって変わるため、定期的な見直しが必要になります。

「検索ユーザーの欲しい情報が変わる」ということに実感がないサイトオーナーも多いですが、たとえば「年賀状」の場合、年末までは「年賀状印刷のサイト」が上位を占めますが、新年になると「お年玉付き年賀はがき 当せん番号のページ」が上位に来ます。

検索エンジンは「検索ユーザーの求める情報」を検索結果に表示します。「検索ユーザー目線」を意識して、コンテンツの見直しを行いましょう。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

キーワードの変動情報を中心にSEO情報を配信中。