Google明かす「フッターはペナルティの対象にはならない」?

SEOならSEOパック
ご利用実績10440件 (2018/11/18現在)

Google明かす「フッターはペナルティの対象にはならない」?

Googleの上級管理者が「フッターコンテンツはペナルティの対象にはならない」と公式オンラインフォーラムで明かしました(※youtubeにリンクします)

またGoogleは「フッターコンテンツがSEO評価の主な対象になることがない」とも明かしました。フッターのSEO対策における意義は、意味がある、あるいは意味がないなど、これまで論議の分かれるところでしたが、これで一応の決着がついたかたちとなります。
20160418-footer

フッターは本コンテンツとは「別枠」

Googleのジョン・ミューラー氏によれば、ページのフッターなど共通文言としてサイト全ページに設置されたコンテンツやリンクは、ペナルティ対象としては別物扱いすべきだし、今のGoogleは実際そうなっている、とのことです。

ただしこれは、フッター内のコンテンツやリンクが、ページ内の主要コンテンツとしては見られていない、ということでもあります。
※もちろん、フッターでも本コンテンツでも、明らかなスパムはペナルティ対象になります。

フッター改善よりも、本コンテンツの高品質化が重要

つまりフッター内のコンテンツやリンクは、良くも悪くも本コンテンツ評価の対象にはならないということです。フッター内の細かい改善に時間を使うくらいだったら、本コンテンツ側の高品質化に時間を使うほうがずっと意味がある、ということです。

→参考記事:【保存版】検索一位のための「高品質なコンテンツ」作成ガイド

フッターより本コンテンツの改善を

フッターとは、ページの一番下に置かれたコンテンツのことです。
よく、サイトの主要メニューリンクだとか、「運営会社」「問合せ」「特定商取引法に基づく表示」とかいったリンクが置かれている部分です。

例えば、SEO Pack製品サイト新しいタブで開くだと、ここ↓がフッターになります。
20160418-footer-cap

一番下にあって、サイト内のどのページにも共通して載っている同じコンテンツがあったら、それはフッターです。ソースでは、HTMLタグ<footer>、あるいはdev id=”footer” だとか class=”footer” だとかいう記述が多くなっています。

Google「本コンテンツとは別枠」

ミューラー氏の発言は下記のようなものです。

例えばフッターで、サイトワイドに同じリンクやテキストを置いているとして、これは、全然関係ない大量のページにリンクやらテキストやらを埋め込むのとは、意味が違います。
フッターに置かれた同じコンテンツがサイト内でたくさん見つかっても、それだけで問題は起きません。サイト全体から見ればさして注目すべきものではないからです。

例えば、法的な理由でフッターに免責事項を書いたとして、そのせいで(フッター以外の)本コンテンツの価値が下がったりはしません。むしろGoogleは「サイト全体に免責事項が載ってるということは、多分そうする必要があるんだな。よし、このサイトのページを検索結果に載せるときは、免責事項の評価は別扱いにしよう」という感じになります。

順位を上げるなら、細かいテクニックより「最重要2要素」を忘れずに

今回のGoogle公式発言を踏まえると、フッターは「必要以上に考えすぎず、ユーザーの役に立つものにする」のが一番良いようです。

順位を上げたい時に、フッターなどの細かいテクニカルな改善に気を取られることもありますが、あくまで順位を上げるには、そうした細かいことではなく「高品質なコンテンツ」と「被リンク新しいタブで開く」の2つが最も重要です。まずここを押さえているか、サイトを今一度確認してみてください。

→参考記事:【詳解レポ】Google公式発言による、検索ランキングの最重要2要素とは新しいタブで開く

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。