URLにピリオド(.)は使ってよい?いけない?/Google回答

SEOならSEOパック
ご利用実績10440件 (2018/11/18現在)

URLにピリオド(.)は使ってよい?いけない?/Google回答

大量のコンテンツページを持つサイトやブログなどで、たまにURLに「.」(ピリオド)を使っているページを見かけることがありますが、これはSEO対策の意味ではOKなのでしょうか?それともNGなのでしょうか?

(もちろん .php といった拡張子にではなく、他のところにピリオドが使われている場合、つまり /abc.def/ とか /abc.def.html とかいったケースのことです。)

こんな質問に対するGoogleからの回答をまとめ、関連SEO対策についても考察します。
20160507-decimal-point

URLにピリオド「使わない方がいい」

まず結論としては「使わないほうがいい」です。Googleによれば、絶対に使ってはいけないものでもないが、「いい考えではない」ということでした。

ジョン・ミューラー氏(Google):
(ピリオドは)使ってもかまいません。ただ、あまり良くはないですね。

使ってはいけない理由は?

しかし、なぜピリオドを使ってはいけないのでしょうか?それについては、ミューラー氏が別の機会に、こう説明しています。

コンマ、セミコロン、半角スペース、クオーテーションなど
( . ; ” )が入ったURLは、XMLサイトマップや通常の<a href=””>リンクを介してならGoogleも認識できるが、htmlにただのテキストとして書かれてあると、Googleは混乱してしまう。

また、例えばフォーラムで投稿する際など、テキストでただ書いたURLを自動解析(パース)しリンク設定する機能が、うまく働かなくなる。

参照:“Google: Avoid Using Special Characters In URLs” (原文英語、日本分は筆者独自要約)

こちらの説明ではピリオドの話はしていませんが、起こりうる問題は同じとのことです。このように具体的に説明されると腑に落ちます。

SEO対策に最も有効なURLは

ピリオドなど、URLに使うべきではない文字があることは理解できましたが、では逆に、SEO対策に有効なURLの作り方はあるのでしょうか?

URLにキーワードを入れる

一つには、URLにSEOしたいキーワードを入れる方法があります。例えばそのページが「有機トマト」の販売ページだとしたら、CMSの機能などを利用し、たとえば「https://www.nicevegetables.com/有機トマト/index.php」とかいったURLにするのです。

URLにキーワードを入れる方法は、Gooogle検索アルゴリズム対策としてはほとんど効果はないと言われていますが、検索結果画面でURLのキーワード部分が下記の良いに太字表示され、他の競合サイトよりも目立ってクリック率が上がる可能性があります。

おいしい有機トマトの販売ページ
https://www.nicevegetables.com/有機トマト/index.php

URLによるSEO対策の優先度

このように、URLにキーワードを入れ込むSEO対策も可能ですが、その効果は大きなものではありません。そのため、優先度としては「可能なら行い、それよりもまず基礎SEOを優先する」のが大きな効果を期待できます。

基礎SEOとは、Googleが言う「被リンクの獲得」と「高品質なコンテンツ作成」の2つです。
高品質コンテンツはサイト管理者が自ら作成するのが推奨されます。また被リンクについては、自然なリンクのバランスよい獲得が必要なため、SEO Pack新しいタブで開くでの対策が適しています。

SEO対策を考えるときは、そのページでこの2つの基本SEO対策が済んでいるかまず確認し、それからURL内キーワードなどの細かな対策を上積みするのがよいでしょう。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。