Google順位変動4日目、海外でもついに大変動か

SEOならSEOパック
ご利用実績10317件 (2018/09/21現在)

Google順位変動4日目、海外でもついに大変動か

先日から続くGoogle検索順位の変動は、今日になってもまだおさまらず、4日目に突入しました。

先日までは日本国内でしか目立った動きがなかったものの、昨日から今日にかけて、海外でも大変動関連の情報が上がってきました。状況を本記事でお伝えします。
20160512-flux3

国内のランキング変動は継続

日本国内のGoogle検索順位変動計測ツール namaz.jp新しいタブで開く が検知したGoogle検索ランキングの変動は、5月9日から本日5月12日まで、いぜん続いています。
20160512-flux3-namaz1

この1年間でも最長のランキング変動に

本日でランキングの不安定な期間が4日続いたこととなりますが、namaz.jpが3日以上連続した大変動を検知したのは、この1年間で初めてのことです。
20160512-flux3-namaz2

海外でも変動データ検知

また昨日から今日にかけ、海外でもランキング変動に関する情報が上がってきました。
最も顕著なのは、米の検知ツールMozCastが検知した大きな変動データで、この数日ゆるやかに変動が検知されていたのが、最新データ(米時間5/10)では跳ね上がっています。
20160512-flux3-mozcast

Googleはアルゴ更新は否定

変動に注目が集まる矢先、Googleのゲイリー・アイリーズは下記のコメントを発しています。

ゲイリー:
変動があったとしても、Googleがアナウンスすべきほどのこと(=大規模なアルゴリズムアップデート)はないはずです。

このほか、やはりGoogle上級管理者であるジョン・ミューラーも同様の発言を行っており、ペンギンやパンダといった大きなアルゴリズムアップデートの可能性は極めて低そうです。

大きめのアルゴリズム調整、順位動向に注意

これらの特徴から、今回の変動は、Googleが較的大きめのアルゴリズム調整などを行っていると考えられます。

こうした調整は、SEO対策を行うサイトに関してはおおむね有利に働く可能性があります。一方SEO対策が十分でないサイトに関しては順位下落の可能性もあります。
いずれの場合も、しばらく自サイトに順位動向に注意して下さい。

SEO対策中のサイトには追い風に

今回の変動で、SEO対策を行っているサイトの順位には好影響が見られます。

SEO対策パッケージ SEO Pack新しいタブで開く 利用中サイトの順位動向を見ると、現在(15:00)時点で順位上昇したサイトは88.6%と、昨日の上昇率88.1%から更に微増し、高い値にあります。

変動続く可能性、基礎SEO対策が急務に

アルゴリズムアップデートは、SEO対策の効果を適切に評価するためのものと言え、対策を行うサイトにとっては、こうしたランキング変動時が順位上昇の機会となります。

今回のランキング変動が継続的なものであること、また同様のランキング変動が今度も断続的に発生することを考えると、内部SEO調整のほか、バランスのよい被リンク対策を整えるのが、特にビジネスサイトにおいては急務となります。

自然かつバランスのよい費リンクは SEO Pack新しいタブで開く で対策を開始できます。また内部SEOに関しては、当ブログの各ノウハウ記事を参照してください。

参考リンク:
キーワードの選びかた【初心者もすぐできるSEO ②】|SEO Packブログ
【保存版】「高品質なコンテンツ」作成ガイド/Google SEO|SEO Packブログ

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。