サーチコンソールの検索アナリティクスが3ヶ月しか見れない理由は

SEOならSEOパック
ご利用実績10440件 (2018/11/18現在)

[2016/06/12] (最終更新日 2018/05/29)

サーチコンソールの検索アナリティクスが3ヶ月しか見れない理由は

サーチコンソールの「検索アナリティクス」機能では、三ヶ月しか期間設定しかできません。もちろんユーザーからは、もっと長い期間、せめて1年くらいはデータを見せてくれ、といった要望が相次いでいるようです。

これについて、Googleから寄せられた回答を本稿で紹介します。20160610-3-months-limitation-sc

「3ヶ月しか見れないのはなぜ?」への回答

こうした声への回答となるコメントを出したのは、Googleのスポークスマンであるジョン・ミューラーです。かれはGoogleのウェブマスター向けオンラインチャットイベントであるGoogle+ Hangoutでこのように回答しました。

ずっと長い間それについては(社内で)話し合っているのですが、なんとも…。思うに(開発陣は)私たちがあまりに要望を投げるので、いいかげんうんざりしてるような気もします。

この点、チームでずうっと話し合っているのだけれど、長期間のデータを抽出するには、バランスを取って優先順位を付けなければいけない点がいくつかあります。

まず、当社は常に新しい機能を提供したいと考えています。

しかし一方で、ユーザーは過去の機能をいくらかでも進化させて欲しいと思っています。そうするにはストレージ容量もますます必要になるのだけど、それはかんたんな作業ではありません。「よし、ストレージ容量を今から倍にしよう!」などとかんたんには言えないのです。

そうする際には、サーチコンソールのデータをどう扱うか、改めて当社で考え直す必要が出てきます。ツールはぱっと使えるものでないと役に立たない。(データを多くしたからといって)挙動が遅くて使い物にならないようではいけないのです。

超越的システムも動かすのは同じ人間

Googleについては、天文学的な数字のデータを扱う人智を超えたシステムを天才的なスタッフがなんとかかんとかしている、といったイメージが(少なくとも私には)ありますが、そうは言ってもやはり、途方もない量のアナリティクスデータを精緻かつユーザビリティを保った状態でウェブマスターに利用可能とするのは、かんたんではないようです。

畢竟、Googleの運営は、途方もなく難しいようです。インターネットの巨人Googleであっても、中で働いているのはやはり人の子、という印象を受けます。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。