クロールが多いのはアルゴリズム更新の兆候?/Google回答

SEOならSEOパック
ご利用実績10316件 (2018/09/20現在)

クロールが多いのはアルゴリズム更新の兆候?/Google回答

多くのビジネスサイトを管理されたことのある方であれば、ときにGoogleBot(クローラー)が非常にたくさんやってきて驚いた経験があるかもしれません。

これはどんなサイトにも起こりうることですが、一説には、これがアルゴリズムアップデートの兆候なのではないか、とも言われます。しかしこれまでは、実際そうなのか、そうでないのか、物証がありませんでした。そこへ今回、Googleから公式な説明がありました。20160619-crawl-and-algo-ud

極度のクロール多発はアルゴ更新の予兆?

米SEOエキスパートのバリー・シュワルツは、こうしたクローラーの特殊な活動について疑問に思っており、twitterでGoogleに質問を投げかけました。

これに対し、GoogleのSEOスポークスマンであるゲイリー・イェーシュがきっぱりと回答しました。やりとりは下記をご覧ください。

バリー:
クロール頻度が普段とは大分異なった状態になっている、と多くの人が言っています。これはこれからやって来るアルゴリズムアップデートの兆候だとも言いますが、これは本当ですか?それとも迷信?

ゲイリー:
迷信だね。

クロールとアルゴリズムは基本的に無関係

Googleは、サイト移設やHTTPS化の際、サイトを通常よりも多い頻度でクロールすることがあると発言したことがあります。

こうしたクロールの高頻度化は、インデクシング(検索エンジンのデータベースへの登録)に関するものであり、ランキング(順位付けのための評価)とは異なるフェーズの活動です。アルゴリズムアップデートはランキング側の活動であり、基本的にはクロール頻度とほとんど関係ありません。

通常よりもだいぶ高い頻度でクロールされるなどが起きると、何か起きるのではと不安がる向きは理解できます。事実SEOコミュニティでもこうした「迷信」が長く話題に上っていましたが、改めてそれが否定された形です。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。