順位が上がるリライトの方法/Google語る

SEOならSEOパック
ご利用実績11451件 (2020/10/28現在)

[2016/06/20] (最終更新日 2018/05/29)

順位が上がるリライトの方法/Google語る

ウェブサイトのコンテンツをリライトすれば順位上昇ができる、という話をよく目にします。しかし、同じリライトでも、順位が上がるリライトと上がらないリライトがあるのをご存じでしょうか?

順位を上げるためにはどういうリライトが効果があるのか、Googleの上級スタッフが語りました。
20160620-rewrite

Googleが語る「正しいリライト」とは

先日、各地Googleスタッフと海外SEOエキスパートとのオンラインフォーラムで、重複コンテンツやコンテンツリライトの話題が取り上げられました。Googleアイルランドのアンドレ・リパセフはその際、検索ランキングを上げるためには正しくリライトすべきだ、と語りました。

(ただ言葉を変えるだけ、というリライトなら)検討しても意味がない。それで競合に勝てる、なんて考えは間違いだ。

単語をいくつか変更する、というのを判断基準にはしないほうがいい。ビジネスを成功させるものとダメにするもの、それぞれどんなものか、考えればわかるはずだ。

コンテンツの価値を「増やす」のが価値向上

リパセフが言いたいのは、言葉を変えるだけでなく、コンテンツの価値を向上させなければSEOにはならない、ということです。言葉を変えるだけで「リライトした」と思うウェブマスターは少なくありませんが、それだとさして効果はない、というのです。

そうではなくて、例えば販売する製品のページなら、より詳細な情報を新しく書き加えるとか、使い方や活用事例をよりたくさん掲載する、といったように、役に立つ情報をさらに足すことでページの価値を向上させれば、順位上昇ができる、ということです。

言葉が違っても内容が同じなら無意味

テキストコンテンツがよほど理解しにくいとか、あまりに意味が通っていない場合であれば、わかりやすくコンテンツを書き直すだけでも、それなりのSEO効果はあるでしょう。

しかし、すでに十分理解可能で意味の通ったコンテンツなら、それを少々書き直す(言葉や単語を変える)だけでは、さして順位効果はありません。どんなに美しい言い回しになっても、どんなに格式高い言葉遣いになっても、言っている内容が同じなら、SEO価値は変わらないのです。

リライトの正しい実施タイミング

このアンドレ・リパセフ氏は、検索ランキングで最も大切な基礎SEO要素2つを突然ポロッと明かし新しいタブで開く、その後世界中のSEOメディアでニュースになったことがある人物です。

非常に単刀直入な物言いをすることが多く、役に立つ情報もたびたび発言する人物ですが、今回も重要な提言をしてくれています。

彼が言うような「意味のあるリライト」は、直接的な順位効果に加え、訪問ユーザーのエンゲージメント増による間接的なSEO効果もあります。リンク獲得新しいタブで開くと並行して行うことで、大きな検索ランキング上昇効果を期待できるといえるでしょう。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

SEOツール無料トライアル

SEOツール「seodoor」

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツール。

メールアドレス入力で7日間無料トライアル開始!

<

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されますのでご確認ください。
以前ご登録いただいたメールアドレスではご利用いただけません。

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて
キーワード難易度チェックツール

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。