「リンクになってないURL」でもSEO効果ある?/Googleコメント

SEOならSEOパック

[2016/07/20] (最終更新日 2021/08/23)

「リンクになってないURL」でもSEO効果ある?/Googleコメント

自サイトへの被リンクは、順位上昇のために重要な要素ですが、中には「被リンク」を曲解し、少々変わった手法でSEO対策と称するウェブマスターも見られます。

このような「変わった手法」の一つについて、効果のほどを明らかにするようなコメントが、Googleからポストされました。
その内容を紹介しつつ、確実に効果のあるSEO対策がどのようなものかを説明します。

「リンクになってないURL」でもSEO効果ある?Googleコメント

リンクになってないURLも認識される?

Googleのスポークスマンであるジョン・ミューラーは、彼のTwitterに寄せられるウェブマスターからの質問に、しばしば回答や助言をしてくれることがあります。ある時、イギリスのウェブマスターとこんなやり取りが行われました。

質問者:
リンクになっていないURLをサーチコンソールの「最新のリンクリスト」に掲載しているのは、何か理由があるのでしょうか?

aタグなしのURLでもGoogleは検知・評価する?

サーチコンソールの「リンクリスト」とは、サーチコンソールで確認・入手できる、自サイトへのリンクを載せたURLのリストのことです。
リストに、aタグでくくられていない、ただのテキストとして自サイトのURLを掲載しているものがあったというのです。
このような「リンクになってないURL」もSEO評価の対象になるのでしょうか?

Google「検知はするがSEO効果はない」

これに対するミューラーの回答は、以下のようなものでした。

ジョン・ミューラー:
Googleは、テキストのままのURLも、同じように検知できます。
でもそれだとPageRankは渡しません。

効果が期待できるのは普通のリンクだけ

Googleはテキストとして記載されたURLも認識できます。しかし、aタグなしでハイパーリンクになっていないものだと、PageRankは渡さないといいます。2021年の現在ではPageRankはもう公開されていませんが、少なくとも「リンクになっていないURL」が普通の被リンクのような順位上昇効果はないということです。

まずは効果の確かなSEO対策を

自サイトのURL、あるいは自サイトの名前などが他所のサイトに載っていたら、リンクしていなくてもSEO効果があるのではないかと考える方は意外と少なくありません。

しかし、「リンクになっていないURL」にSEO効果はない、もしくは確認が困難なほどわずかな効果しかありません。これに対して、aタグを使った「普通の」リンクはSEO順位効果を期待でき、Googleも再三その重要性を語っています。

そもそも現在はトリッキーな対策が通用しません。SEOの順位対策では必ず基本の被リンク獲得を最優先に行う必要があります。特に初めてSEO対策するサイトでは、SEO必須ツールと被リンク獲得支援をまとめた総合SEOパッケージ SEO Pack新しいタブで開くを選択してください。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

SEO対策サービスSEO Packキャンペーン

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツール。

メールアドレス入力で7日間無料トライアル開始!

<

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されますのでご確認ください。
以前ご登録いただいたメールアドレスではご利用いただけません。

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて
キーワード難易度チェックツール

SEOツールseodoor

公式SNS

Twitter

facebook