検索結果に「絵文字」表示される、でもペナルティに?/Google発言 

SEOならSEOパック
ご利用実績10440件 (2018/11/18現在)

検索結果に「絵文字」表示される、でもペナルティに?/Google発言 

なんと、絵文字がGoogle検索結果に表示される例が確認されました。

自社サイトの検索結果情報にも、ハデな絵文字を出せれば、目立って人目を引くことで、クリックが増えそうです。しかしGoogleガイドラインに沿っているのかどうかは不透明です。これについて、Googleが直々にコメントしました。20160731-emoji-pena

検索結果に「絵文字」が出るケース発生

今週初め、Google検索結果のサイト情報に、スマホなどでよく使われる絵文字が表示されているのを、米のウェブマーケターが見つけました。表示された絵文字は、下のように、環境によってはフルカラーの鮮やかな絵文字が表示されるようです。
20160731-emoji-pena-samples
上の絵文字画像はAppleデバイスでよく使われるものですが、デバイスやOSによって絵柄は変わるようです。例えば、発見者がTwitterでシェアしたキャプチャ画像は、下記のようなものです。

なお、筆者環境では、発見者と似たようなタッチの絵柄で表示されていました。
20160731-emoji-pena-sample-j

絵文字乱用はGoogleガイドライン違反?

この絵文字、上手く使えば検索結果画面でのCTR(クリック率)向上に使えそうですが、しかし実は、こうした絵文字の乱用で、Googleガイドラインに抵触する可能性もあります。

それを懸念したあるウェブマスターが、先日のGoogle公式オンラインQ&Aで、Googleに直接質問し、Googleのスポークスパーソンであるジョン・ミューラーがコメントを返しました。

質問者:
多くのサイトのdescription部分で、絵文字とかシンボルが人目を引くのに利用されていますね。これ、Googleはどこまで認めてくれるのでしょうか?こういうdescriptionはGoogleガイドラインには当てはまらないように思います。

ミューラー:
はい、Googleは基本的に、絵文字やシンボルの部分は、その箇所だけなんとか表示しないようにはしています。

でも、絵文字を使っているからといって、そのサイト自体の順位を下げたり、ペナルティを課したり、ということはしませんよ。

このミューラーの言葉によれば、少なくとも、絵文字を使ったからといって、最も大事な「検索順位」自体には悪影響はなさそうです。

絵文字は使っても良い?

では今後、CTR改善の対策として、絵文字は積極的に利用したほうがよいのでしょうか?

今は積極的に使う必要はなし

今のところ、ビジネスサイトでの絵文字使用は、あまり推奨されないように思われます。というのも、メリットはさして大きくないためです。

まず、フルカラー表示でないかぎり、絵文字はさほど目立ちません。(筆者調査時も、単色の絵文字しか出ず、どこにあるか少々探したほどです) しかも、そもそもGoogleが確かに絵文字を表示してくれるとは限りません。

また、絵文字でコンテンツを作るクセが付くと、文章だけで魅力的なコンテンツを作る努力がおろそかになりそうです。GoogleのSEO評価はテキストコンテンツ被リンク新しいタブで開くで大部分が決まるため、特にビジネスサイトでは、絵文字に時間を使って、この2つのSEO対策がないがしろにならないようにして下さい。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。