H1タグ「何回でも使っていい」とGoogle発言、これほんと?

SEOならSEOパック
ご利用実績9164件 (2017/06/27現在)

H1タグ「何回でも使っていい」とGoogle発言、これほんと?

SEOで重要な役割を担う「H1タグ」を、ひとつのページの中で「何度でも、好きなだけ使うといい」と、Googleが発言しました。

H1タグはもともと、ひとつのページにつき一回しか使ってはいけない、という「しきたり」が、SEO対策ではほとんど常識とされていました。それなのに、Googleはなぜこんなことを言っているのでしょうか?

重要ゆえに「しきたり」も多いH1タグ

様々な見出しタグのなかでも、最も順位評価に影響があるのが「H1タグ」とされます。

そのため、とくにSEOするWEBページでは、様々な「しきたり」にしたがって、慎重にH1タグを扱おう、というのが常識でした。例えば次のようなものです。

  • キーワードを必ず入れる
  • titleタグと同じ内容を入れる
  • 1ページにつき1回しか使ってはいけない
  • 文字数はxx文字以内に収める…

Google「H1何度使ってもいい」?

しかし先日、Googleからこんなアドバイスが発表されました。

(1つのページ内に、H1タグを)何度でも好きなだけ使ってかまいません

H1タグは「1ページに一回じゃなくてもかまわないよ」と、Google自身が言っているのです。これはどうしたことでしょうか?

進化したGoogleは細かいことにこだわらない

実は、今のGoogleは、昔ほどHTMLタグを重要視しなくなっているのです。

その理由で最も大きいのは、Googleが以前よりもずっとずっと賢くなったことにあります。

「昔は専門技術だった」SEOとGoogleの進化

数年以上前のGoogleは、ある程度の知識がある人しか、上手くSEOができませんでした。

自分のページがどんなページで、コンテンツのポイントになるのはどこなのか、Googleに伝えるために、Googleが指定したHTMLタグを使って、専門的な決まりの通りにページを記述する必要があったのです。

しかし、現在のGoogleは、大幅に「万人向け」に進化しました。
Googleの昔と今を比較するなら、次のイメージ図がわかりやすいでしょう。

昔のGoogleがロボット的もしくはプログラム解読的な方法であなたのページを読んでいたとするなら、今のGoogleは、そうした細かいプログラム的なHTMLタグの用法にはこだわらず、むしろ人間と同じように、あなたのページの意味を理解して読んでいる、と言えます。

だから、SEOをする私達も、Google向けに特別なことを考える必要はほとんどなく、人間に読んでもらうつもりでページを作ればよくなったのです。
つまり、必ずしもHTMLタグの「しきたり」を守る必要はなくなってきたのです。

H1タグ、用法こだわらなくていい

H1は1ページに一回だけ、というしきたりも、この「今は必ずしも守る必要のないSEOのしきたり」の1つと言えます。

おそらく今のGoogleは、H1に書いてあるからといって、その文章だけを評価して順位を決めたりはしていないはずです。

あるいは逆に、逆にH1に含まれていないキーワードがあっても、本文でしっかりそのワードについて説明していれば、そのキーワードの検索結果にページを出すこともあります。

古い「しきたり」に惑わされないで

実はGoogleは、以前からも「H1は一回きりでなくてもかまわないよ」と言葉を変えつつ言っています>。

こうして、ときおり思い出したようにGoogleが発言を繰り返すのは、かつてとはSEOの方法や効果が全く変わってしまっているにもかかわらず、一部では未だに「しきたり」として残っていることを、懸念しているためでしょう。

かつてのような細かいSEO対策のお作法が、いまではあまり意味がなくなっています。
つまり、順位を上げるつもりでいくら細かいSEO対策を積み上げても、結局順位は動かない、ということです。

順位が上がる対策をする、関係ない対策はしない

今のGoogleは、あなたのページに何が書いてあるか(=コンテンツの中身)を読み取り、さらに、あなたのページを支持する人がいるか(=被リンクの本数)を評価して、順位を決めています。

よって、検索順位を上げたいときはこの二つの点を重点的に対策するべきであり、その他のこまかいところには、必要以上にこだわるべきではありません。

SEO対策の大半「すでに済んでいる」ケースも多い!

多くのホームページでは、すでに十分なコンテンツがあるのに、リンクがないばかりに順位が上がらないのに気付かないばかりに、あまり効果のない細かい対策を積み上げて「なぜ上がらないのだろう・・・」と悩んでいるケースが見られます。

リンク獲得の支援を受けたい場合はまず、コストをおさえて長い実績の被リンク支援を受けられるSEOパックを使ってみましょう。新たにコンテンツ作成支援機能も提供され、効果のあるSEOがかんたんにできるようになり、驚くはずです。

◎検索1位のSEOを無料チェックしてみよう。
 評価されてるコンテンツリンク対策のめやすがわかります。

必要なコンテンツ(文章)の内容やリンク本数は、狙うキーワードによって異なります。
このツールで、Googleの「今」の傾向をかんたんチェックしてみましょう。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

分析 順位に聞いてるリンク対策法 今のSEO、必要なのはどんなリンク?何本のリンク?
「スマホのSEO対策お役立ち記事」MFIの今と、対応方法について

SEO Pack導入事例

全事例一覧

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

キーワードの変動情報を中心にSEO情報を配信中。