WEBページ数が多いサイトほど検索順位は上がる?

SEOならSEOパック
ご利用実績10319件 (2018/09/23現在)

[2017/05/06] (最終更新日 2018/09/05)

WEBページ数が多いサイトほど検索順位は上がる?

現在のGoogleは、被リンクだけでなく、コンテンツ、つまり「あなたのWEBページに掲載した文章」も評価して、検索順位を決めています。

一般に、コンテンツ(文章)は短いよりも適度に長い方が、順位が上がりやすいといえますが、それでは、コンテンツを掲載するWEBページの方の量は、どうでしょうか?

WEBページの数が多いサイトの方が順位が上がりやすいのかどうか、この記事で説明します。

ページ多い方が順位上昇する傾向あり

基本的には、WEBページが多いサイトの方が、順位は上がりやすいと言っていいでしょう。

Googleは他のページも見ている

というのも、Googleは、例えばあなたのサイトのトップページの順位を決める時に、トップページ「以外」のページの情報も、考慮に入れているからです。

といっても、単にサイト内のページが多ければいい、というわけではありません。

「評価されるページが多い」が正解

サイト内のページは、下記の二つの条件をできるだけ満たしている必要があります。

  1. 役に立つコンテンツが載っている
  2. 被リンクがついている

必ずしも、サイト内の全ページがこうである必要はないのですが、とはいえ、この条件を満たすページが多いほど、そのサイト内の各ページも、評価が高まる傾向があります。

「0点ページがたくさん」は無意味

逆に、何も意味のあるコンテンツがなかったり、盗用コンテンツだったりするページが何千ページあっても、そのサイトが評価されることはありません。

いわば、こういうサイトのSEO評価は「1ページあたり0点」であり、0点のページが1,000ページあっても、合計はやっぱり「0点のまま」となってしまうのです。

ページ数はあくまで「めやす」

(盗用コンテンツなどのサイトを除けば、)一般的には、ページが多いサイトの方が、その中に被リンクのついたページが混ざっていたり、とても役に立ちユーザーから人気があるコンテンツが含まれていたりするものです。

そのため、ページが多いサイトの方が「上がりやすい」のです。

勘違いしないようにしたいのは、「ページが多ければ上がる」のではないのです。
ページが多いと「価値のあるページが含まれていることが多い」ため、その結果として「上がりやすい」のです。

Googleは「役に立つもの」を評価する

したがって、ページを増やそうと思ってコンテンツを書くよりも、自分のサイトを「役に立つサイトにしよう」と考えて役に立つコンテンツを書き続けたら、いつのまにかページ数が増えていた、という場合の方が、Googleに高く評価される可能性はずっと高い、と言えます。

こう考えると、ページ数が十分多いかどうか、といった基準は、SEO対策の際の「めやす」でしかないとも言えます。

結論:順位に響くのは「総合点」

言ってみれば、Googleは下記の二つをミックスした評価で、WEBページの検索順位を決めているのです。

  1. そのWEBページの被リンク+コンテンツ
  2. そのサイトの他のページの被リンク+コンテンツの評価平均

このミックスの割合や、他のページの「平均」なのか、特別な係数を使っているのか、などは、検索アルゴリズムがアップデートされるたびに変化するとはいえ、おおむねこう考えて間違いないでしょう。

※なお、たった1ページだけのサイトでも、そのページの被リンクやコンテンツが大きく勝っていれば、数千ページのサイトに勝つことも、全く珍しくありません。

SEO対策を意識してページを増やそう

現在は絶えず検索アルゴリズムがアップデートされ、細かな評価割合の変化がつねに起こっているような状態で、検索順位も絶えずすこしずつ動いています。

しかし、アルゴリズムがどれだけ変化したとしても、結局いちばん有効なSEO対策は、自分のサイトを役に立つサイトにして、被リンクを稼ぎ、コンテンツ改善を続けること、と言えます。これは、しっかりとSEO対策さえしていれば、特別な技術や知識は必要ありません。

対策の目安としてなら、WEBページを増やそうとするのは、とてもいいことです。

しかし、そこに有用なコンテンツがあり、被リンクがついたページでないと、ただ増やすだけでは意味がない、ということに十分気をつけるようにしましょう。

大事なのはページをやみくもに増やすよりサイトの力を高めるページを増やす事




SEO Packでは対策ページ含め、サイト全体のSEO強化が可能です。SEOに効果的なURLとキーワードを表示する「SEO対策リコメンド」機能でコンテンツ対策・内部対策情報を確認いただけます。
対策ページを軸としたSEO対策を是非SEO Packで始めましょう。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。