「絵文字や特殊文字(♡➩☀など)は無視することも」とGoogle、結局使っていいの?悪いの?

SEOならSEOパック
ご利用実績10317件 (2018/09/21現在)

[2017/05/13] (最終更新日 2017/05/12)

「絵文字や特殊文字(♡➩☀など)は無視することも」とGoogle、結局使っていいの?悪いの?

Googleがあなたのサイトを検索エンジンに登録するとき、♡、➩、☀といった絵文字や特殊文字を「無視する、あるいは意図的に検索結果に表示させない」ことがある、と発言しました。

これは、つまり「使うな」ということでしょうか?
それとも、言葉どおり「使っても問題ない」のでしょうか?

特殊文字「たまに無視とか非表示する」

先日、あるサイト管理者が「矢印マーク(➩)をサイトで使っても、Google対策としては問題ないのですか?」といった質問をGoogleに対してツイートしたところ、次のような答えが返ってきました。(翻訳は筆者)

質問者:
meta title とかmeta descriptionに特殊文字を使ってもいいものなのでしょうか?例えば ➩ とか。

Google(Googleアナリスト ジョン・ミューラー氏):
使うのは大丈夫ですね。でも、Googleはたまに無視したり、意図的に検索結果に出さなかったりということもあります

もとのツイートはこちらです。

使うべき?使わないべき?

では、Google順位を上げたいサイトでは、特殊文字や絵文字は使わないべきなのでしょうか?SEOをするサイトで「特殊文字を使いたい」場合があるなら、その目的は大きく2つ考えられそうです。

  1. 検索結果で、自分のtitleなどを目立たせたい
  2. その特殊文字(♡➩☀など)で検索したときの結果で、上位表示させたい

それぞれのケースで、特殊文字を使うべきかどうかは違ってくるのではないでしょうか。
1つずつ見てみましょう。

1. 検索結果で、自分のtitleなどを目立たせたい →アリ

まず1つ目は、あなたのページが何らかの検索ワードでGoogleに表示されたときに、より目立つようにするために、特殊文字を使うケースです。

例えばメルマガなどで、クリック率を上げるために★や☀を使うことがありますが、それと同じ意図です。

こうした目的の場合は使ってもいい、かもしれません。

まず、特殊文字を置いた場合でも、それがGoogleに無視されたら、元々置いていない場合と同じになってしまいますが、少なくとも順位には悪影響はありません。しかも、うまくGoogleが表示してくれれば、検索結果リストでのクリック率が上がるかもしれませんよね。

ただし、これをする場合は、Titleタグやmeta descriptionタグにしっかりキーワードをしっかり入れたページに限ります。キーワードが入っていないと、そのワードで検索するユーザーからも、ひいてはGoogleからも、ページを評価してはもらえないでしょう。

2. その特殊文字(♡➩☀など)で検索したときの結果で、上位表示させたい→むしろ使うべき

あるいは、その特殊文字自体が検索ワードであったときに、検索結果に表示したい、というケースもあるでしょう。

例えば、特殊文字の一覧を載せたページを用意して、それを♡や➩、あるいは☀といった検索クエリの結果リストに上位表示させたい、といった場合です。

これは当然「使うべき」でしょう。

筆者も何度か経験があるような気がしますが、絵文字を絵文字のままコピペして検索することは、たまにあるでしょう。そうしたときは、むしろ、その絵文字そのものが入っていないと、検索結果には出ないはずです。

特殊文字使っても(おおむね)問題なし

Googleが「無視するかもしれないが、使うぶんには問題ないよ」と発言した絵文字や特殊文字ですが、これはその言葉通りに受け取ってよさそうです。
つまり、SEOするサイトで特殊文字などを使っても、基本的には問題なさそうです。

といっても、特殊文字でtitleなどをハデにしても、それだけで順位は上がりません。
SEOするサイトでは、まず被リンク対策とコンテンツ対策が必須と忘れないで下さい。

SEOパックなら、生きたサイトからのリンク獲得を10本支援し、また評価コンテンツ作成支援ツールも提供します。アフィリエイト向け製品も提供開始されたため、まずはこれらを利用してSEO対策の基礎を整えましょう。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。