SEOの研究成果と最新情報を公開していく【SEO Packブログ】

SEOならSEOパック
ご利用実績10375件 (2018/10/24現在)

「ニュース」カテゴリの記事一覧

GoogleがAppleを超えた!Googleの広告収益

昨日、Googleの四半期決算を公表しました。
Alphabet

広告収入は、昨年よりも17%アップしています。
Google

決算資料でCFOのRuth Poratは「第4四半期における大幅な売上の増加は モバイル検索、YouTube、広告のプログラム化、その他すべての面でわれわれの多年にわたる投資が実を結び、ビジネスがきわめて好調であることを証明するものだ」と述べた。

TechCrunch Japanより

モバイル検索、広告プログラムなど、検索の需要がまだまだ成長しつつあることがうかがえます。

さらに、時価総額は5580億ドル〔約67兆円〕となり、 Appleの時価総額は5350億ドル〔約64兆円〕を抜いて、世界で最も時価総額の高い上場企業となりました。

Appleの低迷により消費が気になりますが、Googleの決算などを見る限り、モバイルも含めたインターネット検索が定着し、今後も成長しつつあるのではと期待しています。

「あなたが知らない」必須のコンバージョン増加ツール3選

あなたのサイトは、思い通りにコンバージョンを増やせていますか?

よく「サイトのコンバージョン率は1%が普通」と言われていますが、これだと一ヶ月に100訪問でコンバージョン1件、1,000訪問で10件、10,000訪問で100件のコンバージョン獲得になります。

あなたのサイトはどうでしょう?この「平均1%状態」に達していないなら、まだサイト改善の余地があるかもしれません。

「でも、これ以上の改善ってどうやって?」

・・・と考えこんだあなたがまだ知らない(かもしれない)コンバージョン増加の必須ツールを、この記事では3つ紹介します。

いずれも当社で実際に使用しているツールですが、特に導入のしきいが低いものを集めたので、売上が出たばかりのサイトや立ち上げ直後のサイトを運営する方はぜひ使ってみてください。

cragyegg – ヒートマップでコンバージョン率を改善

当社ではすでに必須ながら意外と知らない人が多いのが、ヒートマップツールcragyegg(クレイジーエッグ)です。

cragyegg

これは当社アカウントから取ってきたcragyeggの画面です。
左の黒い画面はヒートマップ(訪問ユーザーのクリック可視化)、右はスクロールマップ(ユーザーのスクロール閲覧箇所の可視化)です。

cragyeggでコンバージョンを増やす方法

ヒートマップツールがあれば、ユーザーをひきつけてコンバージョンさせやすいサイトやページを、もっと簡単に作れるようになります。
具体的には「問合せボタンのクリック率向上」「掲載バナーのCTR改善」、ほか筆者はユーザーニーズ調査にもよく利用します。

時には、ヒートマップで想像と異なるデータが出ることもあります。
例えば、低価格押しページなのに価格より仕様表が注目されていたり、作りこんだLPなのにページの隅の「会社概要」が注目されていたり、というケースです。

むしろこんな時こそコンバージョン増加のチャンスと言えます。今の例なら、価格よりも仕様詳細を前に出すとか、会社情報を充実させるなどで、コンバージョン増に向けたページ改善ができます。

cragyeggのいいところ

当社がcragyeggを使うのは、後発品なだけにより使いやすく、また値段も大幅に安いからです。
ヒートマップツールは他にも販売実績が長く有名なものがありますが、必要な機能だけ導入できて操作性も洗練されている点で、cragyeggは魅力的です。

逆によくないところは、英語版しかない点でしょうか。ただヒートマップは使用に説明がいるようなものではなく、当社では色々なスタッフが使っていますが困ったことはないです。

cragyegg公式サイト

※リンク先の「Tell me more」というリンクを押すと詳細説明が出てきます。

アドゴクウ – 広告効果測定でコンバージョン数を増加

もう一つ、当社で必須なのが、広告効果測定ツールのアドゴクウです。

これは、「効果が高い広告を見つけ、コンバージョンをもっと増やす」ことができるツールです。

リスティングなどの広告だけでなく、ウェブ集客を全て効果測定できるため、アドワーズでもYahooリスティングでもツイッターでもGoogle検索でもサテライトサイトでもブログでも、オンライン集客はすべてコンバージョン効果を分析できます。

下記は当社が使っているアドゴクウのアカウントの画面キャプチャです。
adg

画像下側の表で「どこから何訪問来て何件コンバージョンしたか」がわかります。
ちなみに表の上は、日・週・月別でコンバージョン等の推移を見れるグラフです。

アドゴクウでコンバージョンを増やす方法

アドゴクウには上記の画面や、より詳細な効果測定画面があります。それを見れば、コンバージョン効果の高い広告や集客経路がわかり、効果の高い経路の露出を増やせば、コンバージョンが増えます。

アナリティクスやリスティング管理画面にはない「コンバージョン効果」を測定するツールということで、一見難しそうに見える反面、使い方はいたってシンプルで、画面に出たコンバージョン件数や成約率を比べるだけです。

例えば「効果の高いYahoo広告は効果が高いからもっと広告費をかけよう。アドワーズのこの広告は効果が低いから、その分の予算をYahoo広告にまわそう」といった判断を素早く行って、手間なくコンバージョン数を改善できます。

アドゴクウのいいところ

アドゴクウのいいところも、やはりシンプルに洗練されており、かつ低価格な点です。販売実績が長く有名な製品が他にもありますが、そっちは超高機能なものの、アドゴクウよりひとけた高くなります。

よくない点は、やはり高機能がないところでしょうか。
といっても、他製品のような「テレビ広告効果とのデータ連携」といった高機能が不要な場合は、安くて使いやすいアドゴクウが最も魅力的です。

高機能がないとはいえ使える機能が揃っており、広告効果測定のほかメルマガ計測、ブログ効果チェック、日々のCV数確認など、使用頻度が高くて導入効果が出やすいツールです。なお、国産ツールなので日本語で使えます。

広告効果測定ツール アドゴクウ

zopim – サイトを「リアル店舗化」しユーザーを成約へ導く

3つめは、当社では重要なマーケティングツールになっている、オンライン接客ツールのzopim(ゾピム)です。

zopimをあなたのサイトに入れておけば、ユーザーがサイトを訪問したときに、このウィンドウを介して「何かお困りですか?」などとテキストで話しかけたり、会話したりできます。

zopimでコンバージョンを増やす方法

zopimは、製品サイトのキャッチコピーにあるとおり「オンラインサイト上で、リアル店舗に近い接客ができる」ツール、というとわかりやすいでしょう。

これにより、例えば滞在時間が長い訪問ユーザーに話しかけ、コンバージョンの妨げになっている悩みを聞いて、その場で解決してあげる、といったことができるようになります。

理解に多少手間がかかる製品を売っていたり、店員による「背中押し」が有効な製品を売っているようなサイトなら、導入効果は大変高く、コンバージョン増の効果も非常にわかりやすく出てくるでしょう。

zopimの優れているところ

当社がzopimを導入した理由は、安さと、オンライン情報の充実です。

そもそも、オンラインチャットという商品ジャンル自体はすでにそこそこ成熟しており、zopimも安価ながら主要機能には全く不足がありません。むしろインターフェースはあらゆる面で洗練されており、初めて触った時の筆者も、マニュアルなしですぐ利用を開始できました。

カスタマイズ機能などもいい感じにできており、自分のサイトに合った色や画像挿入など可能なため、とても自然にサイトにチャット機能を追加できます。カスタマイズの時はちょっとだけ情報を調べましたが、調べたらすぐにわかったので問題なしです。

よくないところ、というか、日本語版と英語版がけっこう料金が違うのは注意したほうがいいかもしれません。
(ただし、どっちにしても非常に割安だと思います)
当社は英語版を導入しましたが、おそらく日本語サイトで買うとインターフェースもサポートも日本語になるのではないかと思います。

zopim 日本語サイト

zopim 英語サイト

いかがだったでしょうか?

アナリティクスとリスティング広告だけでも、なんとかコンバージョンを獲得することはできるのですが、ほとんどのサイトは、それだけだとすぐに限界が来ます。

コンバージョン増加のためには「次の一手」をどんどん打っていく必要がありますが、その時にこうしたツールが非常に大きな力になります。

集客が増えると、「コンバージョン率1%」達成もだんだん難しくなるものですが、それまでやっていたことだけではなく、ちょっと上のこうしたツールも活用し、コンバージョンを増加させましょう。

マット・カッツ氏 復活!! 最近のアルゴリズム変動について言及

確か、2014年の夏頃から長期休暇をとっているマット・カッツ氏が、 TWIG #336で最近の変動について言及しています。

ちょっとしか聞いていませんが、マット・カッツ氏は、「12月のホリデーシーズンには大きなアルゴリズム変更をしなかったけど、その分これから何らかの動きがあるだろう」と言っています。
さて、何が起こるのでしょうか!?

また、最近の順位変動については、マット自身が現場から離れているのでよくわからないけど、最近の順位変動はペンギンではないと思うとのことです。

この2つの発言より、Googleは去年からペンギンアップデートの延期を発表したりしていますので、そろそろ来るのかと期待してしまいますね!
ペンギンアップデートが近いからと言って、SEO対策を先延ばしにしているのは本当にもったいないです。ペンギンアップデートで消えのは違反しているサイトだけですので、あなたのSEO対策はすぐに開始した方がいいと思います。

私個人的には、長期休暇のマット・カッツ氏が再登場したことが嬉しく、驚きです。

meta description(メタタグ)でSEO効果を倍増させる – 解説と対策手順

今では良く知られる通り、ページやサイトの概要を書き込む場所であるmeta descriptionタグに直接的な検索順位上昇効果はありません。

しかしこのタグは、正しく使えば他のSEO対策の効果を倍増させるほどの力を持っています。本稿では、meta descriptionを理解し、正しい記述でSEO対策効果を大きく伸ばす方法を解説します。20151006-meta-description

この記事の続きを読む…

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。