「送信された URL に noindex タグが追加されています」の対処法

SEOならSEOパック

[2021/07/13]

「送信された URL に noindex タグが追加されています」の対処法

Googleサーチコンソールの「カバレッジ」では、どんな情報が確認出来るかというと、インデックスに関するサイト上の問題が確認できます。
サイトに問題が起きている場合にレポートで知らせてくれるという便利な機能です。

以前ご紹介した記事では、カバレッジの4つのステータスの中で
「除外」ステータスにフォーカスして問題点の意味や対処法をご紹介しましたが、
今回はカバレッジの「エラー」ステータスから問題点を確認し対処法をご紹介します。

「エラー」ステータスで確認できるページについて

カバレッジのエラーステータスに表示されているURLは、何らかのエラーによりインデックスに登録されていないURLとなります。検出メッセージをクリックすると詳細画面が表示され、該当のURLがエラーとなった原因やステータスが確認できます。

カバレッジでエラーとなった要因には、「送信された URL に noindex タグが追加されています」「リダイレクト エラー」「送信された URL が見つかりませんでした(404)」などありますが、ここでは「送信された URL に noindex タグが追加されています」という問題に注目していきます。

「送信された URL に noindex タグが追加されています」について

noindex

送信されたURLというのは、Googleに対し、サイトマップなどを通して「送信(知らせた)」されたURLの事を指しますが、「送信された URL に noindex タグが追加されています」は、そのURLにnoindexタグが追加されている事を教えてくれるエラーの内容となります。
基本的にサイトマップで確認できるURLはGoogleにインデックスをしてほしいURLである事から、noindexが設定されているURLと矛盾が生じている状態です。

Googleサーチコンソールのカバレッジで「送信された URL に noindex タグが追加されています」のエラーを確認した場合、該当のURLをインデックスさせたいのか、またはさせたくないのかにより対処が変わってきますが、エラーの原因として疑うべきは、noindexを設定している該当URLが、サイトマップ(sitemap.xml)に含まれているという状況となります。

実際に、エラーを確認したURLを個別に確認していくと、URL自体はnoindex設定になっているのに対し、sitemap.xmlの方にはURLが含まれていました。確認したURLはインデックスをさせたくないURLだったため、noindex設定はそのままで問題ないのに対し、sitemap.xml内からURLを削除する対応を実施しました。

noindexってどんな時に使うの?

「noindex」は、検索結果に出したくないページ、クローラーにインデックスしてほしくないページに設定します。
一般的な設定方法は、インデックスしてほしくないページのhtmlファイルのhead内部に次のようなタグを追加します。

<meta name="robots" content="noindex"/>

インデックスさせたいURLがエラーとなった場合の対処法

インデックスさせたいURLの場合、URL自体にnoindex設定がされている可能性が高いので、noindex設定を外しましょう。

インデックスさせたくないURLがエラーとなった場合の対処法

インデックスさせたくないURLの場合は、URL自体にはnoindex設定がされていて問題ないです。sitemap.xmlを確認し、該当URLが含まれていればURLを削除しましょう。

修正完了後「修正を検証」ボタンをクリック

カバレッジのエラーステータス「送信された URL に noindex タグが追加されています」の全てのURLの対応が完了したら「修正を検証」ボタンをクリックし、Googleに修正した事を伝えます。修正されている事が確認できれば後日「合格」の判定が表示されます。もし「不合格」の判定がされた場合は、再度問題の改善に取り組みましょう。

カバレッジ「エラー」ステータスまとめ

カバレッジのエラーの一つである「送信された URL に noindex タグが追加されています」の原因と対処法についてご紹介しました。
対応方法としては、インデックスしてほしいURLなのか、または不要なURLなのかにより対応が分かれると説明しました。

エラーの原因は、noindex設定とサイトマップで送信しているURLの矛盾が主な理由となる事がわかった為、対応としてはそれほど難しい事はありません。大きく2点チェックするだけでエラーが解消できる可能性が高い部分です。カバレッジのエラーは溜め込まずに、こまめに対処していくといいですね。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

SEO対策サービスSEO Packキャンペーン

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツール。

メールアドレス入力で7日間無料トライアル開始!

<

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されますのでご確認ください。
以前ご登録いただいたメールアドレスではご利用いただけません。

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて
キーワード難易度チェックツール

SEOツールseodoor

公式SNS

Twitter

facebook