サーチコンソールで低品質コンテンツを確認する方法と、その対処法

SEOならSEOパック

[2021/03/03] (最終更新日 2022/06/29)

サーチコンソールで低品質コンテンツを確認する方法と、その対処法

サーチコンソールで低品質コンテンツを確認する方法と、その対処法

Googleのサーチコンソールは、サイト運営をする上でなにかと役立つ無料ツールですが、普段「カバレッジ」レポートは確認されていますか?

サーチコンソール上からアクセスしていなくても、サーチコンソールから届く「カバレッジ」の問題が新たに検出されました といったメールを受信し、アクセスした事があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

カバレッジの問題が新たに検出されました

サーチコンソールの「カバレッジ」は、登録サイトに問題が起きている際に知らせてくれるレポート機能となります。
カバレッジレポートの「エラー」部分を確認してみるとどのようなエラーが、どのURLに出ているのか等、メッセージをクリックする事で詳細が確認できます。

さて、カバレッジレポートのステータスには以下の4つがあります。
「エラー」「有効(警告あり)」「有効」「除外」

カバレッジ4つのステータス

上記4つのステータスの中で、今回は「除外」ステータスに焦点をあてご紹介していきます。

除外ステータスに表示されるURLについて

除外ステータスに表示されているURLは、エラー以外の要因でインデックスに登録されていないURLです。


その要因は、「noindexタグによって除外されました」「ページにリダイレクトがあります」など、なぜ除外ステータスなのか、理由を確認する事ができますが、特に低品質コンテンツとなりうるURLが確認出来る部分はどこかというと「クロール済み – インデックス未登録」という部分です。

そもそも低品質コンテンツって?

SEOでよく耳にする低品質コンテンツというのは、オリジナル性が乏しく、ユーザーに有益な情報のないコンテンツの事を指す場合が多いといえます。単純に文字数が少ないからといって低品質コンテンツになるとは限りません。

「クロール済み – インデックス未登録」について

「クロール済み – インデックス未登録」は、Googleにクロールはされたものの、それほど重要ではないページと判断されインデックスはされなかったページです。
せっかく作ったページが「クロール済み – インデックス未登録」に入っていたらショックですね。

「クロール済み – インデックス未登録」のURLが多いと、そのサイトにとって何か問題があるのか?という点については、次の3点が挙げられます。

「クロール済み – インデックス未登録」のURLが多い問題点
  • 「インデックスされないURL = 検索しても表示されないページ」がサイト内に大量に存在しているという事
  • 無駄なクロールが発生し、クロールしてほしい重要なページがクロールされない可能性がある
  • 低品質のページが多くあると低品質なサイトと判断される可能性がある

「クロール済み – インデックス未登録」で確認するURLが少量ならば急いで対応する必要は無いと思いますが、量が多くなってくるとサイトに良くない影響を及ぼす可能性があります。

リストに表示されるURLの原因と対処方法

さて、「クロール済み – インデックス未登録」のリストにはどのようなURLが登録されてしまっているのでしょうか。

一覧を確認すると対処しなくて良いURLもいくつか含まれている場合があります。

例えば、URL末尾に識別用パラメータが付与されているURLです。
パラメータ付きURL例
このようなURLは、正規URLがインデックスされていれば、パラメータが付与されたURLはインデックスされる必要が無いので特に対応しなくても問題ありません。
その他ページネーションの2ページ目以降のページなども一覧にURLが確認出来たとしてもインデックスされる必要が無いので除外して考えていきます。

上記のような特に対応しなくても良いURLを一覧から除外した結果、気になるURLが出てきたら、
URLをクリックし詳細を確認すると、右側に「URLを検査」と「ROBOTS.TXTによるブロックをテスト」というリンクが表示されます。それぞれ確認してみましょう。

「クロール済み – インデックス未登録」のURLをクリック

URL検査

はじめに、URL検査を確認しましょう。
URL検査で「URLはGoogleに登録されています」と確認できれば何も対処の必要はありません。
ここで「URL が Google に登録されていません」と表示された場合、該当のURLが以下に当てはまらないかを確認してみましょう。

重複コンテンツが疑われる場合

重複コンテンツと判断され、正規URLと見なされたURLが別に存在しているかもしれません。
特に身に覚えがなく個別にインデックスしてもらいたい場合は、以下の対策方法があります。
【対策方法】
各ページに固有のコンテンツを入れる事で差別化をはかる。

コンテンツの内容が薄い場合

【対策方法】
必要なページであれば適量の情報量で検索意図を意識したページを作成する事をまずは目指しましょう。
反対に、コンテンツの内容が薄いが不要なページであれば、noindexや削除を検討すると良いでしょう。

適量の情報量や検索意図を意識したページづくりは、上位サイトを参考にすると良いのですが、1サイトづつ個別に確認・分析をする事は非常に骨の折れる作業となります。

そこで、ツールを活用する事をおすすめします。
seodoorというSEOツールの機能に「コンテンツ分析」機能がありますが、この機能は上位20ページのコンテンツ情報を抽出してくれます。ページの情報量や使用単語情報、共起語情報など、調査ページと上位サイトを比較・分析した結果が確認できるのでコンテンツの拡充に便利な機能です。

リンクで繋がっていない孤立したページの場合

【対策方法】
必要なページであれば内部リンクを繋げ、必要のないページであればサーバーから削除しましょう。

カバレッジ「除外」ステータスのURL改善について

「除外」ステータスのURLを改善しても、その他のステータス「エラー」「有効(警告あり)」のように検証依頼を出す事は出来ず、「合格」「不合格」など確認する事ができません。
その為、改善を施す場合は、修正前後に「除外」のURLや数など記録しておくと、差が確認できるのでお勧めです。

ROBOTS.TXTによるブロックをテスト

URL検査の他、「ROBOTS.TXTによるブロックをテスト」を試してみましょう。
ツールを利用すると、robots.txt ファイルで、特定のURLに対しウェブクローラがブロックされているかどうかを確認できます。利用方法は、ページ下部のURL入力欄にURLを入力し「テスト」をクリックします。
テストボタンをクリック後、「許可済み」となるか「ブロック済み」となるかでURLがブロックされているかどうかを確認できます。

まとめ

本記事では、カバレッジレポート内「クロール済み – インデックス未登録」に焦点をあて、低品質コンテンツを確認する方法としてご紹介しました。
一覧にURLがあるからといって必ずしも対応しなければならない(全てインデックスしてもらう必要はない)という事がお分かりいただけたかと思います。
「クロール済み – インデックス未登録」は低品質予備軍ともいえるページが増えていかないように、定期的にチェックすると良い部分です。

また、意図しないURLがある場合は、そのURLは必要なページか、不要なページかを判断する事により対処法は変わってきます。
必要なページであれば改善を施すことをおすすめしますが、不要なページの場合は、重要なページに優先的にクロールが巡回するように、削除するなどの対応をおすすめいたします。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

SEO対策サービスSEO Packキャンペーン

SEOツール無料トライアル

コンテンツ分析や内部SEO対策、競合分析ができるSEOツール。

メールアドレス入力で7日間無料トライアル開始!

<

seodoor by SEO Pack

登録申し込み後自動でログインされます。アカウント情報はご登録のメールアドレスへ自動送信されますのでご確認ください。
以前ご登録いただいたメールアドレスではご利用いただけません。

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて
キーワード難易度チェックツール

SEOツールseodoor

公式SNS

Twitter

facebook