HTTPS化を果たしたサイトが「うっかり」忘れがちな5つの事

SEOならSEOパック
ご利用実績9818件 (2018/02/20現在)

HTTPS化を果たしたサイトが「うっかり」忘れがちな5つの事

SEO効果を見据えて、世間ではサイトの『HTTPS化』が進んでいますが皆さまのサイトは既に対応済でしょうか?

『HTTPS化』は2018年現状、それほど多大なSEO効果を与えているというわけではないですが、Googleも評価要因(ランキングシグナルであることを明言)に取り入れると発表済なので、Webサイト運営者としては長い目でみると対応しておいた方が良いといえます。

ちなみに今のところ、このランキングシグナルは、グローバルでクエリの 1% 未満にしか影響しないようですが、これから長い期間をかけて強化されていくとGoogleは名言しています。

そこで、『HTTPS化』を果たしたサイトが「うっかり」忘れがちな事を実際のSEO Packユーザー様事例から5つご紹介します。

Googleアナリティクスの設定変更

「プロパティ設定」「ビュー設定」の「http://」を「https://」に変更しましょう。
※設定を変更しても過去ログデータは消失しません。

設定変更の方法として、アナリティクスにログインすると歯車マーク「管理」が左メニューにありますのでクリック。すると、「プロパティ設定」「ビュー設定」の項目が表示されます。

Googleアナリティクスのプロパティ設定

「デフォルトのURL」項目で「http://」をクリックすると、「https://」が表示されますので「https://」を選択し保存します。

Googleアナリティクスのビュー設定

ビュー設定の変更も同様に、歯車マークの「管理」から「ビュー設定」をクリック。「ビュー設定」画面のウェブサイトURL部分を「https://」に変更し保存します。

Googleサーチコンソールの再登録

既にGoogleサーチコンソールを「http://」で登録・利用していたとしたら『HTTPS化』以降「未確認」サイトになっているかもしれません。登録内容の変更は不可なので、 新規サイトとして再登録しましょう。
Googleアナリティクスと関連付けしていた場合も再度、アナリティクスアカウントとの関連付けの設定をする必要があります。

リダイレクト設定とcanonicalタグの記述変更

「http://」から「https://」へのリダイレクトを設定し、適切にユーザーやGoogleなど検索エンジンをページに誘導する必要があります。

「https://」へのリダイレクト

サーバーにより設定できないなどといった場合がありますが、ここでは一般的なリダイレクトの方法「301リダイレクト」を.htaccessに記載する事をお勧めします。.htaccessへの記述方法は以下を参考にしてみてください。

RewriteEngine on
RewriteCond %{SERVER_PORT} !^443$ [OR]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://hogehoge.com/$1 [R=301,L]

全ての作業が完了したら、正確にリダイレクトされているかをFetch as Googleやリダイレクトチェッカーツールなどで確認する事をお勧めいたします。

canonicalタグの記述を変更

html内に「canonicalタグ」を記述している場合はURLを「https://」に変更しましょう。

画像・スクリプトなど外部読み込みファイルの記載変更

「ミックスドコンテンツ」つまり「http://」と「https://」が混在した状態ではないでしょうか。 その場合、『HTTPS化』が不完全という事でエラーが出ます。内部リンクに関しては相対パスで記述していた場合は修正の必要はないのですが、絶対パスでの指定の場合、画像やリンクに「http://」ではじまるURLを記載していないか確認してみましょう。

SEO Packで対策しているURLを変更

対策中のURL、または順位計測しているURLをSEO PackのSEOツール「seodoor」で変更しましょう。変更する事で、SEO Packで設定中の被リンクのURLが「https://」のURLに置き換わります。また、順位計測を正確に確認するためにも重要です。

『HTTPS化』最後に

以上忘れがちな5つの事をご紹介しましたが、次世代通信プロトコル『HTTP/2通信されているのか』に注目されている上級者様もいらっしゃるかと思います。

『HTTP/2』とは、ページの表示が高速化するHTTP通信の最新バージョンとなります。
2017年時点ではGooglebotはHTTP/2をサポートしていないようですが、「表示が高速化」するのはユーザーエクスペリエンスの向上にも大いに役立ちます。

手始めにご自身のサイトが「HTTP/2」通信なのかどうか、調べてみましょう。Chromeで確認できるブラウザの拡張機能「HTTP/2 and SPDY indicator」をインストールするとブラウザ上部の緑の「⚡イナズママーク」でカンタンに判断できます。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。