Windows10 アップグレードは必要?

SEOならSEOパック
ご利用実績10149件 (2018/07/16現在)

[2016/06/03] (最終更新日 2018/05/24)

Windows10 アップグレードは必要?

Microsoftは、2016年7月29日までWindows 10への無償アップグレードを提供しています。
その無償アップグレードの提供が終了するまで、残りわずかとなっており、Microsoftはほぼ強制的ともいえるようにWindows10へのアップグレードを実施しています。
0000

現在、Windows10はどのくらい利用されているのか、シェアを調べましたので、ご案内します。

OSのシェア

▼全体

5

▼アメリカ

6

▼日本

7
出典:Net Applications

OSは、Windowsが非常に高い割合を占めています。
日本では、9割程度がWindowsを利用しています。
次いで、Macの利用が多いことがわかります。
弊社の社内も、日本のOSシェアと同じく、1位:Windows、2位:MscOSを利用しています。

Windows OS シェア

Net Applicationsより

▼全体

2

▼アメリカ

3

▼日本

4

※出典:
アメリカNet Applicationsが公開している、OSのバージョン別シェアを確認すると、世界的にWindows7が最も利用されているバージョンである事がわかります。

日本では、2015年11月にWindows10 のシェアが10%をようやく超え、11.85%になっています。
MicrosoftがWindows10への強制?アップグレードを実施するようになり、さらにWindows10のシェアが増加し、2016年5月には、17.43%となっています。

Windows7の人気はいまだ高く48.57%となっていることがわかります。

Windows OS シェア

statcounterより

▼全体

9世界

▼アメリカ

10アメリカ

▼日本

8日本

一方のstatcounterで確認しても、世界全体、アメリカ、日本では、先ほどと同じようにWindows7のシェアが多いことがわかります。
しかし、世界の中には、すでにWindows10がシェアNO1となっている国、もう少しでシェアNO1がWindows7からWindows10 となりそうな国もあります。

▼Windows10がシェアNO1(デンマーク)

デンマーク

▼もう少しでシェアNO1がWindows10 (オランダ)

オランダ

よく海外旅行に行く役員に、海外では新しいOSが出るとすぐに入れ替える習慣の国もある事をよく聞きます。
国によって、その対応が大きく異なる事がわかります。

Windowsを最新版にアップグレードさせないと発生する問題

最新版にアップグレードさせないでいると、ウイルス感染や、セキュリティなどに関するリスクが高まります。
Microsoftは、製品(OS,Office)のリリース後に、新しい問題やプログラムの不具合が発生すると、更新プログラムを都度リリースしています。
Microsoftのサポート期間が終了すると、更新プログラムのリリースが停止されますので、新しい問題やプログラムの不具合の対応がなされなくなります。
その為、ウイルス感染や、セキュリティのリスクが高まり、パソコンが危険な状態になる可能性があります。

なお、各OSのサポート期限は以下です。
01

詳細:Microsoft Wondowsのサポート期限

まとめ

意外と、Windows7ユーザーが多くて安心した方も多いかと思います。
来月末でWindows10への無償アップグレード期間が満了しますので、アップグレードを検討されてみてもいいかと思います。

ちなみに、弊社スタッフは、Windows7⇒Windows10へのアップグレードに1時間かかったスタッフと、1時間半ほどかかったスタッフがいました。
Windowsのアップロードや、更新プログラムの適用は、内容によっては、かなり時間がかかる事があります。退社時など時間に余裕がある際に実施することをお勧めします。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。