「HTTPSのURLの80%が、Google検索に載ってない」と判明

SEOならSEOパック
ご利用実績10149件 (2018/07/16現在)

[2015/03/11] (最終更新日 2018/05/15)

「HTTPSのURLの80%が、Google検索に載ってない」と判明

全てのHTTPSのURLのうち、設定の問題でGoogleに掲載されていないものが80%にも達することが、Googleの調査で明らかになりました。

HTTPS化を推進するGoogleにとってこれは好ましくない状況で、Google担当者はユーザに注意を呼びかけています。
20150311-eyecatch-80-parcent-of-https

Designed by Freepik

正規化設定にHTTPSを使っていないサイトが多数

この調査結果は、GoogleのHTTPSアルゴリズム責任者とされるゲイリー・アイリーズがGoogle+投稿で明らかにしたものです。

アイリーズはこのように発言しています。

最近行った小規模な実験によれば、HTTPSのURLのうち80%以上が、Googleにインデックスされる要素を満たしている(クロールに問題なし、noindexなし、全て問題なし)にも関わらず、サイト管理者がGoogleに伝えていないばっかりに、正規化されていない。

そうしたサイト管理者たちは、HTTPSの方が完全に動作するのにもかかわらず、サイトマップファイルでも、rel-canonicalやrel-alternate-hreflang要素でも、HTTPの方を使っている。

原文: https://plus.google.com/+GaryIllyes/posts/X6LQYGRCkxs (英語)

正しくHTTPSを正規化、サイト全体がおすすめ

これを防ぐため、アイリーズは下記を提言しています。

・正しい設定方法でHTTPS側を正規化し、Googleにそれを伝える
・HTTPS化するなら、サイト内の全URLをHTTPS化する

こうすることで、GoogleからHTTPSサイトが正しく見えるようになります。

あなたのHTTPSサイトも設定の確認を

「80%」というのはなかなか驚かされる数字です。アイリーズはHTTPS化を推進する立場のため、注意を引くため「より幅の大きな数字」をうまくピックアップしている可能性もありますが、ともかくGoogleに掲載できていないHTTPSサイトが想像よりもずっと多いことは確かなようです。

HTTPSサイトをお持ちだったり、今後引越しを考えているサイト管理者の方は、サイトマップファイルやheadタグ内など、URL正規化周りのポイントを今一度見直したほうがよさそうです。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。