Google、HTTPSサイトを区別する仕様をAdWordsでテストか

SEOならSEOパック
ご利用実績10153件 (2018/07/19現在)

[2015/04/09] (最終更新日 2018/05/15)

Google、HTTPSサイトを区別する仕様をAdWordsでテストか

Googleが、「https」および「http」をAdWords広告の中のURL部分に追記するテストを行ったとの情報が確認されました。

通常のAdWordsでは、このURL部分は「www」もしくはそれ以下のドメインネームから始まっていたため、今回のテストはGoogleの今後のHTTPS優遇方針を示唆するものとも考えられます。
20150408EC_adwords_https_test

通常ないはずのところに「http」

該当のAdWordsの表示は、コンラッド・オコネル氏がTwitterで指摘したものです。

投稿された下記のキャプチャでは、青線で囲んだ部分に「http://」の表記が見られます。この画像ではhttpのみですが、オコネル氏は「https」についても表示されるものがあると示唆しています。

20150408oseanislebeach_cut

再現性なく、テストの可能性濃厚

ただし、「http」もしくは「https」が表示されたAdWordsは、オコネル氏以外の環境では確認されていません。

下記キャプチャは、当社環境における同じワードのAdWords表示です。(4月8日取得)
下図の点線枠部分のURLは通常通り「www」から始まっています。

20150408myoceanislebeach

GoogleのHTTPS優遇方針を予見?

このテストは、HTTPSサイトとHTTPサイトを区別しやすくするための仕様変更を視野に入れたものと考えられます。このテストが実際に導入されるかはまだ不明ですが、少なくともGoogleのHTTPS重視の方針はまだ前進を続けるようです。

近年GoogleはHTTPSサイトを優遇する方針で様々な施策を行ってきました。あるいはHTTPサイトの冷遇と言ったほうが正しいかもしれません。

最近では、Google Chrome開発版でHTTPサイトに「×」を表示する機能の実装も話題となっています。もっぱらあと二週間後(4月21日)に控えたモバイルフレンリーアップデートへの対応が話題ですが、HTTPS対応の方も早めに済ませておきたいものです。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。