HTTPS移行後、ウェブマスターツールにはHTTP側サイトを残すべきか?

SEOならSEOパック
ご利用実績9818件 (2018/02/20現在)

[2015/03/10] (最終更新日 2015/09/04)

HTTPS移行後、ウェブマスターツールにはHTTP側サイトを残すべきか?

Googleが昨年「HTTPSをランキング要因に使う」と発表してから、多くのHTTPサイトがHTTPS化(引越し)を始めているものと思われます。

そんな中、HTTPSへの引越しが済んだあとのHTTP側の情報を、ウェブマスターツールに残しておくべきかどうか、Googleがユーザからの質問に答えました。
20150310-eyecatch-remain-http-as-before

ミューラーからのコメント

Googleのジョン・ミューラーは、HTTPSへの引越しが済んだ後も

「ウェブマスターツールにはHTTP版サイトを残しておいた方がいい」

と、自身のTwitterで話しました。

HTTPを残すメリットは

ミューラーがHTTP版も残しておくべきとした理由は、HTTP版サイトに何らかの問題が起きたときに、ウェブマスターツールが通知してくれるから、ということです。

また、この件について報じる米SEOメディアでは、「HTTPSとHTTPの両方がウェブマスターツールに載っていれば、両方のインデックスステータスで移設の進捗状況を確認したり、検索クエリの変化を確認したりできる」とも語っています。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。