titleタグ 表示文字数シミュレーションツール

SEOならSEOパック
ご利用実績10097件 (2018/06/21現在)

titleタグ 表示文字数シミュレーションツール

ブログ記事やページのタイトル、文字数で悩んでいませんか?(筆者はいつも悩みます)
そんな方へ、Google検索結果での<title>表示確認ツールを用意しました。
元はこちら新しいタブで開くにあったものへ、活用法を加えて単独記事として掲載します。ご活用ください。

◆titleタグ 検索結果表示シミュレーションツール
titleタグに入れたい文を入力し、下のボタンを押して下さい。
ユーザーの検索キーワード(オプション、入れなくても可)
ここにはWEBページのtitleタグに入力した文章が表示されます。文章はおおよそ30文字(60バイト)で省略されます。
www.titletagemulator.seop/example
ここには、WEBページのmeta-descriptionに入力した文章が表示されます。こちらの文章はおおよそ80文字(160バイト)で省略されます。ここに効果的なキーワード配置と魅力的な

活用法

こうやって活用しよう

主な活用法としては、下記のポイントでのtitleタグ文を洗練するのに利用できます。

  • タイトル文を、省略されない長さに調整する
  • 長いタイトルにする場合は、省略されない部分にキーワードが入っているか確かめる
  • 長いタイトル文にしたい際、省略後でも意味が通るような文に調整する

基礎知識と注意点

Google検索結果ルールを確認しよう

Google検索結果ページでは、日本語で30文字程度、あるいは512px幅以内の範囲でtitleタグが表示され、それより長いtitleタグは省略されます

titleタグの価値を確認しよう

titleタグにキーワードを入れただけでは上位表示はできません。しかし、記事/ページ本文で役に立つコンテンツを提供できていれば、さらにtitleタグにキーワードを入れることで、順位上昇を後押ししてくれます

また、このツールでわかるように、ユーザーが検索したワードがtitleタグ内に入っている場合は、太字で表示され、検索ユーザーにクリックされる割合が確実に向上します

こんな点に注意しよう

この際、下記の注意点を意識することをおすすめします。

  • ターゲットキーワードはなるべく前方に入れる
  • 省略後でも記事内容が想像できる程度ならOK。無理に文章を短くしようとしない

この他にも様々な活用法や注意点が考えられますが、上記で紹介したポイントを意識していれば、titleタグの主要な活用法はおさえることができます。

タイトル改善で検索アクセスを増やそう

記事執筆の際は常にタブに開いておいて逐次確認しながらタイトルを作りましょう。
これだけでも如実にアクセス数が改善するはずです。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。