Googlebotアクセスはほとんどが米国から、ということは…

SEOならSEOパック
ご利用実績10440件 (2018/11/17現在)

Googlebotアクセスはほとんどが米国から、ということは…

あなたのサイトを検索結果に載せるために必須なのが、Googlebotにアクセスされることです。

Googlebotはクローラーと呼ばれるプログラム(ボット)で、Google検索結果掲載のためにサイトへアクセスし、コンテンツを読み取ります。しかしこのGooglebot、ほとんどの場合のアクセスが米国(US)から発生しているのはご存じでしょうか。

このことに関連し、Googleが注意を促すコメントを出しています。20160609-bot-from-us

Googlebotは米国からやってくる

Googleのジョン・ミューラーは、Googleウェブマスターヘルプ新しいタブで開くでこのように投稿しました。

Googleの、クローキングスパムに関するガイドラインでは、Googlebotに見せるコンテンツは、Googlebotがやって来る地域の他のユーザーに見せるのと>同じコンテンツを見せなければならない>。

そのため、米国のユーザーアクセスをブロックすると、Googlebotもブロックすることになる。Googlebotも米国からアクセスしてくるからだ。

米国ユーザーは「ブロックできない」?

Googlebotがブロックされると、あなたのサイトはGoogle検索結果に載らなくなります。少なくとも米国からのアクセスのブロックはNGと言えます。

とはいえほとんどのサイトでは、この問題は当てはまらないでしょう。例えば当ブログは日本語記事しかありませんが、Googlebotにも米国ユーザーにも、変わらず同じ日本語コンテンツを見せています。おそらくほとんどの日本のサイトと同じ構成ですが、問題は起きません。

もう一つの問題:同じコンテンツを見せているか

注意すべきは、多言語対応(多国向け対応)しているサイトでしょう。少々入り組んでいますが、米国のユーザーに見せるコンテンツと同じコンテンツを、Googlebotにも見せる必要があるのです。

しばしば見過ごされがちなGooglebot対応ですが、アクセス元が米国であること、Googlebotと米国の検索ユーザーとに見せているコンテンツが違うとクローキングスパム扱いされかねないこと、は覚えておいて損はないでしょう。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。