【Moz最新SEO調査】検索ランキング要素ベスト9、発表

SEOならSEOパック
ご利用実績10166件 (2018/07/21現在)

【Moz最新SEO調査】検索ランキング要素ベスト9、発表

米SEO/Webマーケティング企業の Moz新しいタブで開く が二年ごとに行う「検索ランキング要素」調査データの最新版が公開されています。

この調査で、影響度が最も大きかったSEO要素のトップ9要素を、本稿で解説します。20160614-moz-2015-survey

Moz検索ランキング要素調査の概要

Mozの行った 最新調査(2015年データ調査、原文英語新しいタブで開くでは、150人以上の米トップWebマーケターに対し、90以上の検索ランキング要素について影響度を調査し、さらにMozデータサイエンスチームによって相関度調査を行った分析結果が公表されています。

それぞれのSEO要素ごとの点数(ポイント)は、10点満点で示されます。検索ランキング上位掲載と関係が強いものはポイントが高く、上位掲載と関係の低いものはポイントも低くなります。

Moz 検索ランキング要素リスト トップ9

上位9要素のリストは次のようになります。太字項目が特に重要であり、他の太字でないものはSEO効果が低い、と考えることができます。(翻訳は筆者)

  1. サイト(ドメイン)全体についたリンク 【8.22ポイント】
  2. ページごとについたリンク 【8.19ポイント】
  3. ページごとのコンテンツ品質(キーワードや話題の最適化) 【7.87ポイント】
  4. ページごとのコンテンツ品質(長さ、読みやすさ、独自性など) 【6.57ポイント】
  5. 自然検索ユーザーの量、サイト内回遊度、検索クエリ数やCTRなど 【6.55ポイント】
  6. サイト外のニュースやプレスでのブランド名露出 【5.88ポイント】
  7. ドメインにキーワードがあるか 【4.97ポイント】
  8. ドメイン名の長さ、TDL、SSL認証など 【4.09ポイント】
  9. SNSシェア、ツイート内リンク、Google+1の数など 【3.98ポイント】

特に重要な3要素を理解する

上記のリストは、Google上級スタッフが明かした SEO最重要要素新しいタブで開く と相違ないものとなっており、基礎SEO 対策の重要性が改めて確認される内容となっています。

特に重要度が高いとされるポイントについて、次に解説します。

1位:サイト(ドメイン)全体についたリンク 【8.22ポイント】

最も効果が大きい要素が、サイト全体のリンク量です。米SEOエキスパートらの分析では、影響度は8.22ポイントと、他の要素を凌駕しています。

覚えておきたいのは、ページごとのリンク量よりも、サイト全体のリンク量の方が、順位上昇に効果がある、という点です。例えばサイトトップにリンクがあれば、他のページの順位も上がりやすいと考えられます。これは当社(および多くのSEOエキスパート)の分析と一致します。

2位:ページごとについたリンク 【8.19ポイント】

次に影響が大きいのが、ページごとについたリンクです。こちらも8.19ポイントと、他の要素を上回っています。サイト全体よりも影響度はやや低いとはいえ、重要さはほとんど同じ程度と言えます。

これらのことから、とくにページ数の多いサイトであれば、複数の優れたコンテンツのページでリンクを獲得してゆくのが、順位上昇に最も効果のある理想的なSEO対策と考えられます。

3位:ページごとのコンテンツ品質(キーワードや話題の最適化) 【7.87ポイント】

リンクにつづいて重要とされるのが、ページごとのコンテンツ品質、とくにキーワードやページの話題がうまく調整されていることです。

こちらが7.87ポイントとリンクよりも評価が劣るのは、「コンテンツ品質が高いだけで、リンクなしだと、順位が上がりにくいため」です。かといってコンテンツのないページのSEOなど不可能なため、コンテンツ作成とリンク獲得は並行して進めるのが理想的です。

なお、ここで言われているのが「ページごとのコンテンツ品質」である点には注意して下さい。サイト全体がなんとなく良い、ではなく、とくに重要なページひとつひとつのコンテンツを、キーワードや話題に合わせて丁寧に作り上げていく必要があります。

かならずトップ3から順に対策を

上位となったこれらのSEO対策をまだ行っていないサイトは、まずトップ3までのSEO要素の実施を最優先すべきといえます。特に新規サイトや未対策サイトは、バランスよく被リンク対策を始められ、コンテンツノウハウも提供される 総合パッケージSEO Pack新しいタブで開く が適しています。

トップ3以外の要素としては、コンテンツ量、自然検索訪問、ブランド名露出が続き、さらにドメインURL内ワードや長さ、SNSシェアなどが最下位となっています。これらもSEO効果はありますが、優先度としてはずっと低いと考えるのがよいでしょう。

優先度が正しければ、成果を最大化できる

ときにSNSシェアやいいね!数などを重視するウェブマスターが見られますが、Moz調査の通り、SEO対策では優先度が低いことに注意してください。一般的には、SNSでのアクセス増は短期的ですが、SEOによるアクセス増は長期的で、得られる成果がはるかに高くなります。

Moz調査のトップ9要素の順番は、そのままSEO対策を始める順番としても当てはめることができます。まず1~3を行い、順位がついたら4~6、さらに7~9と進んでいくのが理想的でしょう。もちろん、可能でさえあれば、並行して同時に済ませるのでもかまいません。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。