【速報】検索順位、一部サイトで大きく変動 

SEOならSEOパック
ご利用実績10440件 (2018/11/19現在)

【速報】検索順位、一部サイトで大きく変動 

Googleの検索順位が、一部サイト/クエリでたいへん大きく変動しています。
また、各国の検知ツールも変動を捉えていますが、それらのデータは一様ではなく、情報は少々混乱しています。

現在の状況を速報でお伝えします。20160715-flux

検知ツールで小~中規模変動計測、一部サイトは大変動か

この数日、Google順位変動検知ツールnamaz.jp新しいタブで開くでは、いくらか大きな順位変動を検知していました。とはいえ先日までの時点では、データの大きさは異常事態と言えるほどのものではありませんでした。

また、海外の変動検知ツールであるMozcast新しいタブで開くSERP Metrics新しいタブで開くなどでも、この数日で変動が検知されていましたが、こちらも断続的なものでした。

ウェブマスターから大きな変動の報告続く

各国のウェブマスターからも、まとまった順位変動の報告はありませんでしたが、この1-2日になって、一部のウェブマスターから、大きな変動が生じているとの報告が上がるようになりました。報告は次のようなものです。

当社の競合サイトのうち、半分が1ページ目から消えてしまいました。それらは全部2ページめか3ページめに下落しています。

代わりに、全然ユーザーフレンドリーでもなく、またEコマースですらないサイトが1ページ目に上がってきています。

先週のことですが、なんだかGoogleが、どのページを順位上昇させればいいのか迷っている、みたいな状況になっていました。

当社サイトでは今日、順位は変わらないのに売上は半分になってしまいました。誰か同じ状況のサイトはいますか?

また日本国内でも、twitterなどで検索結果の異変を報じるツイートが散見されています。

ごく一部のクエリで大きな変動か

こうした報告があるもののnamaz.jpのデータは極大化していないことから、どうやら大きな順位変動はごく一部のサイト(キーワード)に限られるようです。

いまのところ、順位変動しているサイトもしくはキーワードに傾向は見つかっておらず、またGoogleからの公式な情報も確認されていないため、変動の原因がいまひとつ同定できない状況にあります。

なお、SEO対策を行っているサイトの順位は変わらず安定しています。
対策中のサイトは順位データを確認しつつ対策をい継続するほか、未対策サイトについては、なるべく早くSEO対策の開始を検討してください。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。