ペンギン4「以前」の順位に逆戻り?/米Googleで報告相次ぐ

SEOならSEOパック
ご利用実績10166件 (2018/07/22現在)

ペンギン4「以前」の順位に逆戻り?/米Googleで報告相次ぐ

展開から数週間が経ち、一度沈静化したかのように見えたペンギンアップデート4.0ですが、ここに来て突然、順位が「ペンギン以前に戻ってしまっている」との報告が、米SEO界隈で相次いでいます。

Google検索では、ときおりものすごいスピードでアルゴリズム(順位決定プログラム)が更新されることがあります。今回報告されている順位の動きも、ペンギンアップデート4.0の「やりなおし」もしくは「展開中止」が原因である可能性はゼロではありません。果たして何が起きているのでしょうか?20161106-back-to-pre-pen4

ペンギン4.0の影響「なかったこと」に?

報告が相次いでいるのは、米の著名なSEO情報サイトであるです。

この中のフォーラムで、複数のサイト管理者が、「検索結果ランキングが、ペンギン4.0以前に戻った」と投稿しているのです。その内容は下記のようなものです。

私が見ている検索結果リストが、ペンギンアップデート4.0が展開される「前」の検索ランキングに戻っているように見える。…私だけ、まだペンギン展開されていないみたいに見えるよ。

ペンギン4.0展開前の検索結果ランキングとそっくりだ。ペンギン4.0後に順位上昇していたページも、今はペンギン前の順位に戻ってしまっている。逆に、ペンギンで落ちたページはまた上がってきている、という具合だ。

可能性としては否定できませんが、本当にこんなことが起きているのでしょうか?

Googleはペンギン4.0成果に満足している

先に結論を述べると、おそらく、ペンギンアップデート4.0展開が中止され、なかば「なかったことにされる」ようなことは、起きていないはずです。理由は複数ありますが、最も大きな理由は、Googleがペンギン4.0の展開完了に大き手応えを感じていたことです。

ペンギン展開後、Googleのスポークスパーソンであるゲイリー・イリェーシュ氏が、今回のアルゴリズムアップデートは非常に満足のゆく出来だ、と

Googleにとって、準備に二年もかけただけあり「満足行く出来」となったペンギンを、帳消しにする理由はなさそうです。

ペンギン4「帳消し」説、可能性は低いか

このペンギン4.0やり直し説よりも、まず検討したいのは、現在Googleが通常運行で評価した結果の検索ランキングが「偶然ペンギン4.0前と似ていただけ」なのでは、という可能性です。

既報のとおり、現在のGoogleは、人工知能を使って、常にランキングを改善し続けています。これで順位評価シグナル自体は変わらないものの、とくに検索結果上位(検索結果1ページ目など)では、この微妙な変化から、とくに大きな影響を受けます。(→

言ってみれば、現在のGoogleは、少しずつ、しかし着実に、検索ランキングを「改善」し続けているというわけです。この結果、いまの検索ランキングが、過去のランキングと似たものになったとしても、けして不思議ではありません。

順位決定の大きな軸には変化みられず

ペンギン4.0「やり直し説」の真偽はまだはっきりとは言えないものの、自分のサイトの検索順位が動いた時に、その直前にどこかで見かけたアルゴリズム関連ニュースを関連付けて考えたくなるのは、どのサイト管理者にも少なからず見られる傾向でしょう。

しかし、順位変動が起きたときには、そもそも自分が直前にどういう対策をしていたか、そして、自分以外のよそのサイトがたくさん順位変動しているかどうか、をまず確認すべきです。今回はも、直近で大きな変動は確認しておらず、関連性はまだはっきりとは見えていません。

によれば、検索順位は大きく、コンテンツと被リンク対策しだいで決まります。こうした基礎となる対策を着々と積み上げると、確実に順位は上がります。今回見られた変動でも、この基礎の部分に変更は見られません。自サイトに変動があった場合は、まずコンテンツと被リンク対策を競合サイトと比較し、足りない部分を強化してみて下さい。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。