Google、「セキュリティの新シグナル」を検索・広告・Chromeで導入

SEOならSEOパック
ご利用実績10166件 (2018/07/20現在)

[2015/02/26] (最終更新日 2018/05/15)

Google、「セキュリティの新シグナル」を検索・広告・Chromeで導入

Googleが「有害ソフトウェアのダウンロードを促すサイト」を識別するシグナルを組み込んだと発表しました。

今後、このシグナルに該当するサイトは、ユーザが訪問しようとすると「有害なプログラムを含んでいます」と表示されるようになります。

20150226eyecatch-new-security-signal

Designed by Freepik

検索、広告、Chromeのいずれでも

Googleオンラインセキュリティブログが「望まないソフトウェアからのより高度な保護」と題した記事を公開、その中で、この新しいセキュリティ措置について説明されています。

GoogleはChrome、検索、そして広告に置いて、有害なダウンロードを促すサイトによる被害からユーザをより安全に保護する措置をアップグレードしました。

Chrome:現在は「望まないソフトウェアをダウンロードする前」のほかに、そうしたソフトウェアを「ダウンロードさせるサイトの訪問前」にも警告を出すようになります。警告は下記のようなものです。

→Google Online Security Blog記事、警告キャプチャ画像も確認できます。

検索:Google検索では、こうした偽装サイトを識別するシグナルを導入しました。この変更により、こうしたサイトをGoogle経由で訪問する機会は減少することなります。

広告:我々は最近、望まないソフトウェア(のダウンロード)を含むサイトへ誘導するGoogle広告を利用不可としています。

ウェブマスターツールの利用を推奨も

これに加えGoogleは同記事で、サイトオーナーに対し「Googleウェブマスターツールに登録すること」を勧めています。これにより、そのサイトに望まないソフトウェアのダウンロードを発生させるようなことがないか(サイトオーナーが)チェックでき、またそのような問題の解決方法を(Googleが)提供できる、としています。

この記事が役に立ったらSNSで共有してください。

キーワード難易度チェックツール

SEO対策FAQ

全質問一覧

最新記事

全記事一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

SEO Packブログ byディーボ

このブログについて

公式SNS

Twitter

facebook

自分でできるSEOや最新のSEO対策を配信中。